課長職以上に「連続9日間」の長期休暇を取らせる7大メリット (1/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

課長職以上に「連続9日間」の長期休暇を取らせる7大メリット

このエントリーをはてなブックマークに追加
※写真はイメージです(GettyImages)

※写真はイメージです(GettyImages)

小山昇(Noboru Koyama)/株式会社武蔵野 代表取締役社長

小山昇(Noboru Koyama)/株式会社武蔵野 代表取締役社長

「戦後最大の経営危機」「コロナ倒産はこれからが本番」といわれている今、経営者にとって経営環境の過酷さは増すばかり。そんな中、衝撃の一報が入った。

「これまで一切封印してきたが、今回初めて、プレミアム合宿を公開することにした」

 電話の主は、株式会社武蔵野の小山昇社長。自社を18年連続増収、750社の指導で5社に1社は過去最高益・倒産企業ゼロに導いたあの経営指導のカリスマだ。理由を聞くと…

「コロナ禍で全国の社長が苦しんでいる。見て見ぬふりはできない。大ピンチを大チャンスに変えてほしい。実際、当社も指導企業もとことん社員が明るい。今は、夢と希望しかない」

 そんなプレミアム合宿を一冊に凝縮した小山社長の最新刊『門外不出の経営ノート――2泊3日で165万円! プレミアム合宿LIVE講義』がいよいよ発売。日経新聞にも掲載された。

 聞けばこのプレミアム合宿。箱根・山のホテル(旧岩崎小彌太男爵別邸跡)で開催され、2泊3日で165万円(税込)だという。誰がそんな高額セミナーを受講するというのか?

 しかし、「12名限定」でキャンセル待ちが続いているという。しかも、参加したダントツ社長からは「165万円は安い」という声が出ているとか。一体全体どういうことなのか?

 経営のカリスマにその秘密を紹介してもらおう。(構成・寺田庸二)

●長期休暇7つのメリットとは?

 わが社には「長期休暇制度」があります。

 夏休み、年末年始休暇、ゴールデンウィークの他に、課長職以上は、月末・月初に9日間の連続有給休暇(1年に一度)を取らなければいけません(一般社員は5日間の連続有給休暇<1年に一度>)。

 長期休暇中に会社で仕事をすると、「始末書」(始末書2枚で賞与半減)です。

 長期休暇の日程は、社員が自分で決めるのではなく、会社(総務担当)が決めています。

 どのように決めているのかといえば、テキトーです(笑)。

 経営計画書の事業年度計画(スケジュール欄)の中には、「5月30日長期休暇(市倉、竹内、小林、品田)」というように、課長職以上の長期休暇があらかじめ組み込まれています。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい