芸能人でもモデルでもないのに月イチで美容室に行くべきか? (1/2) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

芸能人でもモデルでもないのに月イチで美容室に行くべきか?

このエントリーをはてなブックマークに追加
※写真はイメージです (GettyImages)

※写真はイメージです (GettyImages)

●髪だけで一流のかわいさに近づける

 髪には、人の印象を変える力があります。新しい自分に出会えるきっかけにもなりますし、自分に自信もつきます。まさに、髪は人生を変えるツールです。

 当たり前ですが、人間、そう簡単に「顔」を変えることはできませんね。親からもらった顔とはまさに運命共同体。高額な整形手術や高度な特殊メイクなどをしない限りは、なかなか自分好みの顔には変えられません。

 しかし、その代わりに、手軽に一流のかわいさに近づくことができるのが「髪」。自分がいちばん似合うヘアスタイルを最大限に作り出すことによって、誰しもが平等にかわいくなるチャンスを得ることができる。髪にはそんな力が秘められていると、僕は思っています。

●シンプルに見えるけれど、どこかおしゃれ

 僕が普段、美容室でヘアスタイルを作るときにテーマとしているのは「エフォートレス」なスタイルです。エフォートレス<effortless>の直訳は「努力(=effort)を要しない(=less)」。つまり、がんばりすぎないおしゃれのことを指します。近年、ナチュラルのさらに上をゆく、エフォートレスなスタイルがより求められていると感じています。

 作り込んでいるようで作り込んで見えない自然なスタイル。ほとんどの場合では、女性ウケのいい髪型と男性ウケのいい髪型は異なりますが、両方いけちゃうのもエフォートレススタイルのいいところです。

 シンプルに見えるけれど、どこかおしゃれ。――そんな抜け感のあるスタイルがもっとも“今っぽい”のです。そしてこのトレンドは、まだしばらく続きそうです。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧


続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい