お酒とコーヒーはやはり体に悪い!?「適量」は想像以上に少ない

がん

2019/07/29 15:03

 コーヒーやお酒などの嗜好品。それほど量が多くなく「適量」ならば、“体に良い”とされてきた。しかし、最近の研究論文では、むしろ少量でもリスクを指摘するものが増えている。(医療ジャーナリスト 木原洋美)

あわせて読みたい

  • 太らない&むくまない! GWから夏に向けてのお酒の楽しみ方

    太らない&むくまない! GWから夏に向けてのお酒の楽しみ方

    tenki.jp

    4/27

    “休肝日”より大事! 脂肪肝を防ぐためにすべきことは?

    “休肝日”より大事! 脂肪肝を防ぐためにすべきことは?

    週刊朝日

    7/5

  • お酒は飲まないのに…肝硬変や肝がんになる「NASH」とは?

    お酒は飲まないのに…肝硬変や肝がんになる「NASH」とは?

    週刊朝日

    4/1

    酒で肝臓がやられないために 「やっかいな」飲酒タイプは要注意

    酒で肝臓がやられないために 「やっかいな」飲酒タイプは要注意

    週刊朝日

    3/18

  • 飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    飲酒歴がないのに「肝がん」に? メタボの人は「非アルコール性脂肪肝」にも要注意

    週刊朝日

    9/5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す