日本人の「交渉の常識」が世界で通用しない理由
ライアン・ゴールドスティン弁護士×鮫島正洋弁護士 対談

2019/04/02 11:40

『交渉の武器』の著者・ライアン・ゴールドスティン氏と、『下町ロケット』(池井戸潤/著)に登場する神谷修一弁護士のモデルとなった知財のスペシャリスト・鮫島正洋弁護士氏の対談が実現した。テーマは「強い相手にも負けない交渉の原則」。経営資源や社会的知名度で劣るベンチャー・中小企業が大企業との交渉で勝つには、どのようなことを意識すればいいのか。2人の弁護士が語り合った。

あわせて読みたい

  • なぜ、相手を論破しようとする人は、寡黙な人に「交渉」で負けるのか?

    なぜ、相手を論破しようとする人は、寡黙な人に「交渉」で負けるのか?

    ダイヤモンド・オンライン

    2/4

    6年間で3倍の数に! 「企業内弁護士」がここまで急増する理由

    6年間で3倍の数に! 「企業内弁護士」がここまで急増する理由

    dot.

    9/19

  • 天皇陛下が作詞、皇后陛下が作曲 “唯一無二”のCDブックに歌手、思い語る

    天皇陛下が作詞、皇后陛下が作曲 “唯一無二”のCDブックに歌手、思い語る

    週刊朝日

    11/30

    要領の悪い弁護士で、事務所を2回クビに 宇都宮健児

    要領の悪い弁護士で、事務所を2回クビに 宇都宮健児

    週刊朝日

    10/11

  • 広島のモテ男・菊池涼介が懺悔告白「交際相手に多額の慰謝料を請求され…」調停申し立て【2020年ベスト20 3月14日】

    広島のモテ男・菊池涼介が懺悔告白「交際相手に多額の慰謝料を請求され…」調停申し立て【2020年ベスト20 3月14日】

    週刊朝日

    12/31

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す