電車内広告はオワコンか?山手線きっかけで広がる新たな動き

2018/09/25 15:44

 山手線で導入が進められているE235系の新型車両。外観も特徴的だが、車内に入って驚くのは窓の上にずらっと並ぶデジタルサイネージ(電子看板)だ。JR東日本が山手線を皮切りに進めている車内広告のデジタル化は今後、同社のほかの路線はもちろん、ほかの鉄道事業者にも広がっていきそうだ。(鉄道ジャーナリスト 枝久保達也)

あわせて読みたい

  • AKB48発ユニット“Not yet”JR山手線など5線路をジャック

    AKB48発ユニット“Not yet”JR山手線など5線路をジャック

    Billboard JAPAN

    9/24

    JR、東京メトロ、小田急、京王、西武など主要鉄道の猛暑対策を徹底調査! 一番「寒い」大江戸線の温度はまさかの…

    JR、東京メトロ、小田急、京王、西武など主要鉄道の猛暑対策を徹底調査! 一番「寒い」大江戸線の温度はまさかの…

    dot.

    8/30

  • アイドル応援アプリ『CHEERZ』KASICOとのコラボ広告が駅デジタルサイネージ登場

    アイドル応援アプリ『CHEERZ』KASICOとのコラボ広告が駅デジタルサイネージ登場

    Billboard JAPAN

    4/14

    山手線の電車が「カナリア色」に!? 激変する首都圏の通勤電車を見分けられるか

    山手線の電車が「カナリア色」に!? 激変する首都圏の通勤電車を見分けられるか

    dot.

    7/31

  • 「鉄道車両はブラックが命」 デザインを引き締める色がブラックだった!

    「鉄道車両はブラックが命」 デザインを引き締める色がブラックだった!

    dot.

    10/4

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す