「5万人のリストラ」から見えた 万年平社員の共通点とは? (2/3) 〈ダイヤモンド・オンライン〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

「5万人のリストラ」から見えた 万年平社員の共通点とは?

松本利明:人事・戦略コンサルタントダイヤモンド・オンライン#働き方
「できる人」と「できない人」は
何が違うのか?(※写真はイメージ)

「できる人」と「できない人」は 何が違うのか?(※写真はイメージ)

松本利明(まつもと・としあき)/人事・戦略コンサルタント
 外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。

 24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。

 現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された

松本利明(まつもと・としあき)/人事・戦略コンサルタント  外資系大手コンサルティング会社であるPwC、マーサージャパン、アクセンチュアなどを経て現職。5万人以上のリストラを行い、6000人を超える次世代リーダーや幹部の選抜・育成に関与する。その中で、「人の持ち味に合わせた育成施策を行えば、人の成長に2倍以上差がつく」ことを発見し、体系化する。そのノウハウを、クライアント企業にはマネジメントの仕組みとして、社員には具体的な仕事術へと落とし込み提供。  24年間で、外資系・日系の世界的大企業から中堅企業まで、600社以上の人事改革と生産性向上を実現する。自らもその仕事術を実践することで、スタッフからプリンシパル(部長クラス)まで8年という驚異的なスピードで昇進する。  現在は、企業向けのコンサルティングに加え、「すべてのムダをなくし、自分らしく、しなやかに活躍できる世界」にするため、「持ち味の見つけ方・活かし方」を、ビジネスパーソンのみならず学生にも広めている。「仕事術」「働き方」などのテーマで、メディアへの寄稿多数。また「日本企業の働き方・賃金改革の在り方」について、英国放送協会(BBC)から取材を受け、その内容は全世界に配信された

●こんな「一生懸命」をやっていませんか?

さて、次のような光景を見かけたことはありませんか?

<ケース1>

Aさん「B課長、ご指示通りに仕上げました。これでよろしいでしょうか?」

B課長「そもそもの話だけど、やはり○○は必要だよね。やり直して」

Aさん「(会議で○○はいらないと決めたはずでは……)はい、一からやり直します(今日は徹夜かも)」

翌日

Aさん「(今度は絶対にひっくり返されないように、パターンをすべて洗い出して完璧に仕上げたぞ)B課長、資料ができました。今度こそ完璧です」

B課長「おいおい、こんなにたくさんの資料、何に使うんだよ。会議参加者はみんな忙しいんだぞ。こんな分厚い資料読んでくれないよ。要点をまとめたこの3枚だけでいいんだよ。9割の資料がムダだよ。こんなことに時間をかけず、もっと生産性を上げろよ!」

Aさん「(せっかく徹夜でがんばったのに……)はい、以後気をつけます」

<ケース2>

D課長「Cさん、急ぎで悪いんだけど、この資料、月曜朝一までに仕上げてくれないかな」

Cさん「(今、金曜の16時なのに……)わかりました」

D課長「ありがとう、やっぱり仕事が速いCさんは頼りになるよ」

30分後

E課長「Cさん、悪いけど今日中にこれを仕上げてくれないかな。急ぎで」

Cさん「(あと30分で定時なのに今日中とは……)E課長、わかりました」

E課長「ありがとう、いつも仕事が速くて助かるよ、よろしく!」

さらに30分後

F課長「Cさん、悪いけど、月曜の経営会議で使うデータの分析、やっといてくれないかな」

Cさん「(おいおい、直属の上司の依頼は断れないよ)はい、わかりました」

F課長「あとはよろしく!」

Cさん「(はあ、今日は娘の誕生日なのに。今日は終電コースだな……)」

“ムダな努力”を排除しよう
 あなたのオフィスでも似たようなことが起こっているのではないでしょうか。個人の作業スピードをどれだけ上げても、生産性は上がりません。自分の作業時間よりも、上司、関係部署、取引先といった他者とのやりとりの中で生産性は決まります。

ショートカットや辞書登録で入力スピードを上げても、

朝、早起きして誰もいないときに出社しても、

素直にすぐ行動しても、

方眼ノートや時間管理ツールを活用しても、

 やり直しになったり、上司や先輩の指示が悪かったりすれば、1ミリも意味がないのです。仕事を1秒でも早く完結させるには、結果につながらないムダな努力をすべて排除する必要があります。ムダな努力は次の5パターンに分類できます。

(1)一生懸命がんばるけれども、やり直しが多い

(2)すべてに全力投球で、疲れ果てる

(3)責任感を持ちすぎて、仕事を抱えすぎる

(4)根回しに労力と時間をかけすぎ、疲弊する

(5)上司の指示通りにやるが、結果が伴わない

 結果につながらないムダな努力を排除すること。小さなアプローチの違いで、あなたの仕事がラクに速くなるだけでなく、周囲の人間の生産性も向上させることができます。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい