AERA dot.

高学歴にも「賞味期限」がある。それは何歳までか

このエントリーをはてなブックマークに追加
by 丸山貴宏(更新 2017/2/20 14:06)

東大、京大など一流大学を出ていても、齢を重ねるにつれ、学歴には賞味期限があります。転職の際に、学歴が武器になると考えている方は注意しなくてはなりません

東大、京大など一流大学を出ていても、齢を重ねるにつれ、学歴には賞味期限があります。転職の際に、学歴が武器になると考えている方は注意しなくてはなりません

そのひと言で 面接官に嫌われます

丸山 貴宏
定価:1,000円(税込)

978-4413210157

amazonamazon.co.jp

●企業が学歴を重視する理由

 人材採用において、多くの企業が学歴を重視しています。特に新卒採用においてはそうです。「学歴差別」という批判はあっても、なぜ企業は採用において学歴を重視するのか、まず確認しておきましょう。

 その大きな理由は、選考の効率がよいからです。要するに世の中でいう一流大学出身者のほうが、企業が“合格”と考えている水準以上の人の出現率が高いのです。地頭のよさと学歴はかなり関連性があり、採用の際に候補者の効率の良いグルーピングをしようとするとき、出身大学の水準は非常に参考となる指標です。

 また、上記の理由とも関連しますが、一定の水準以上の大学に入学した人は、受験勉強をきちんとできた人と考えられます。天才的な頭脳の持ち主が楽々と一流大学に合格するようなケースもありますが、多くの場合、大学受験の結果はどれだけ合格に必要な勉強をきちんとしてきたかの指標になります。

 全員とは言いませんが、一流大学の出身者は頑張り方をわかっている人が多いと感じます。やはりテレビや遊びなど目の前の誘惑に流されて、勉強しなければいけないときに勉強しなかったら、そうした大学への合格はおぼつきません。

 大学に入学してからスイッチが入って一生懸命勉強する人もいるので、企業はそうした人たちを採用する機会も用意しておいたほうがよいですが、利潤を追求している企業が採用で学歴を重視するのは必然的です。


トップにもどる ダイヤモンド・オンライン記事一覧



このエントリーをはてなブックマークに追加