コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田洋文

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田洋文

山田洋文

山田洋文(やまだ・ひろふみ)/1975年生まれ、京都府出身。教育家。神戸大学経済学部卒。独立系SIerのシステムエンジニアを経て、オルタナティブスクール教員に。2016年4月、京都市内でプロジェクト学習に特化した探究塾の探究堂(http://tanqdo.jp/)を開校。探究堂代表、認定NPO法人東京コミュニティスクール理事。

  • NEW

    京都の隠れた名所「花園教会水族館」を探索 一番人気ゾウガメのお出迎えとは

    探究堂日記 AERA

    「外来生物」をテーマにしたプロジェクトに取り組み中のたくらみ低学年(小学1・2年生)クラス。 先日の授業ではいつもの教室を飛び出し、みんなで花園教会水族館を見学しに出かけました。 花園教会水族館とは、住宅街の中にある教会の一階部分(元ガレージ)を改装した私設博物館です。 館内にいる生き物は99%外来...

  • 食べられるどんぐりを発見! 小さな博士が驚いたスダジイのお味とは

    探究堂日記 AERA

    「どんぐり博士になろう」を合言葉にスタートしたぷれりか(幼児)クラスのプロジェクト。 私たちはたくさんの種類のどんぐりを拾うため、京都御苑内で毎回異なる場所へ出かけました。 母と子の森ではクヌギやアベマキやコナラを、京都迎賓館沿いに長く続く小道ではアラカシやマテバシイを、有栖川宮邸跡ではスダジイを主...

  • 優先席を譲らない大人がいたら? 小4が編み出した解決法が予想外すぎる

    探究堂日記 AERA

     たくらみ中学年(小学3・4年生)クラスでは現在、「選択」をテーマにしたプロジェクトに取り組んでいます。「人生は選択の連続である」を合言葉に、議論を通じて、身近な「答えのない問い」について考え続けています。 プロジェクト2日目は、前回の授業を欠席した子がいたので、まずはじめに議論を進めていく上でのル...

  • 外来生物は悪者?大事にしなくていい? 子どもたちが真剣に考えた

    探究堂日記 AERA

     たくらみ低学年(小学1・2年生)クラスでは、11月から「外来生物」をテーマにした新プロジェクトが開始しました。 このクラスには普段から生き物に興味がある子も多いため、今回のテーマに対して子どもたちがどのようなイメージを持っているか確認するのが楽しみです。「『外来生物』という言葉を聞いたら、どんなこ...

  • 下校中にお金を拾ったらどうする? 子どもたちの議論が胸アツすぎた

    探究堂日記 AERA

    「人生は選択の連続である」 たくらみ中学年(小学3・4年生)クラスが新たに取り組むプロジェクトの中心コンセプトです。 私たちは普段から選択を求められる場面に多く出くわします。はたしてその選択に唯一無二の正解が存在するでしょうか? 子どもたちがこれからの人生において「答えのない問い」に直面したときに、...

おすすめの記事おすすめの記事