コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

内田樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹

内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • NEW

    内田樹、合同墓の「建碑式に来てくれたのはほぼ全員が女性」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  *「合同墓」というものを建てた。建築家の光嶋裕介君に設計してもらった大理石のお墓である。以前、凱風館(がいふうかん)のゼミで「お墓」について発表したゼミ生がいて、一人暮ら...

  • 内田樹「今のテレビには冒険心も悪戯心も批評性もない」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 若いテレビ制作者たちからこれからテレビをどうしたらいいのか、相談を受けた。せっぱつまった表情である。テレビが末期的だということを、現場の諸君は肌身にひしひしと感じてい...

  • 内田樹、大阪万博に「歓喜しているのはアメリカのカジノ会社」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 大阪万博開催が決まってから取材が続いている。「万博開催ばんざい」一色にメディアが埋め尽くされる中で、「万博に異議あり」を公言する人がなかなかみつけにくいのだろう。確か...

  • 内田樹、政府の「移民政策は不要だという不思議な論法」に異論

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 出入国管理法改正の審議が始まった。これまで政府は「いわゆる移民政策をとることは考えていない」と述べてきた。自民党が「移民」を「入国時点で永住権を有するもの」と定義した...

  • 内田樹「子どもたちが緊急に学ぶべきは『親の支配からの離脱』」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 続けて2度、中高生に講演する機会があった。せっかくなので、親も教師も、大人たちがあまり言いそうもないことを選択的にお話しした。学校の講演会ではまず口にされないけれど、...