コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

内田樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹

内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • NEW

    内田樹「議員の失言は推定有罪。私人のつもりで公務に就く政治家が多すぎる」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 北方四島交流事業における「戦争」発言で丸山穂高衆院議員が日本維新の会を除名になった。この人の言動は議員辞職に値するものだと私は思う。 最終的には謝罪に追い込まれたが、...

  • 内田樹「移民政策、短期ではなく長期で『同胞』受け入れる制度を」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 移民政策について時々意見を訊かれる。短期間に大量の移民を受け入れることには反対であるとお答えしている。 勘違いしてほしくないのだが、私が反対しているのは「短期間に大量...

  • 内田樹「今の政治から失われた『人間的なつながり』の厚み」

    eyes 内田樹 AERA

      哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 大阪のダブル選と府議市議選が終わり、維新が圧勝という結果が出た。注目された選挙のあとなので、ふだんならいろいろな人がコメントするはずだけれど、これについて...

  • 内田樹「子どもたちには『論理国語』よりもコナン・ドイルを」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 「論理国語」という新課程が登場すると報道で知ってはいたが、中身がわからない。最近国語の先生がたとお会いする機会があったので、教えてもらった。  学習指導要領によれば、...

  • 内田樹「『代替施設』や『移設』は政治的予断を含んだ危険な言葉だ」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 沖縄で辺野古新基地建設の可否を問う県民投票が行われた。投票総数60万余のうち反対票が43万(72.15%)で、賛成票(19.10%)を圧倒した。 安倍首相は「投票の結...