コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

内田樹

このエントリーをはてなブックマークに追加
内田樹

内田樹

内田樹(うちだ・たつる)/1950年、東京都生まれ。思想家・武道家。東京大学文学部仏文科卒業。専門はフランス現代思想。神戸女学院大学名誉教授、京都精華大学客員教授、合気道凱風館館長。近著に『街場の天皇論』、主な著書は『直感は割と正しい 内田樹の大市民講座』『アジア辺境論 これが日本の生きる道』など多数

  • NEW

    内田樹「次に何をするかわからないトランプ大統領のマッドマン・セオリー」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * イラン革命防衛隊のソレイマニ司令官が米軍のドローンによる爆撃でバグダッド空港で殺害された。自分たちが敵とみなす者は、いつでも好きな時に、好きな場所で殺すことができるこ...

  • 内田樹「愚策に固執し、教員のプライドを傷つけることに実に熱心な政府」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 英語の民間試験に続いて、今度は国語と数学の記述式問題も来年度の大学入学共通テストへの導入延期が決まった。受験生50万人が受ける試験の採点を外部にアウトソースする場合に...

  • 内田樹「“桜を見る会”で他人行儀なメディアのやる気のなさに驚嘆する」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  *「桜を見る会」の話を書く。私自身いい加減この話題にも飽きているのだが、まさに「国民がこの話題に飽きて、忘れること」を官邸が専一的にめざしている以上、その手に乗るわけにゆ...

  • 内田樹「『非常識だ』を『間違っている』ととらえる考え方」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  *「もう一つの真実」という言葉を最初に使ったのは、トランプの大統領顧問ケリーアン・コンウェイである。大統領就任式に集まった人数について「過去最高」と言った報道官のあからさ...

  • 内田樹「文科省が推進する英語教育観は自動翻訳の急速な発展を考慮していない」

    eyes 内田樹 AERA

     哲学者の内田樹さんの「AERA」巻頭エッセイ「eyes」をお届けします。時事問題に、倫理的視点からアプローチします。*  *  * 英語の民間試験導入が延期されることになった。英語教育の専門家たちがこぞって反対していたこの制度になぜ文部科学省はあれほど固執したのか、わからないことが多すぎる。 わか...

おすすめの記事おすすめの記事