コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト Nissim Otmazgin 金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学”

Nissim Otmazgin

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。

  • NEW

    こんなに違う! 日本とイスラエルの民泊事情

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     2008年に米国で誕生した民泊運営ウェブサイト「エアービーアンドビー」(以下エアビー)は世界の旅行業界を革命的に変えてきています。これまでは海外旅行の際、情報が少なければ地域との交流から孤立した高価なホテルに宿泊するしかありませんでした。エアビーは民家をできるだけ安価な料金で短期間借りるシステムで...

  • ユダヤ人は日本美術が大好き

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     イスラエルの北、地中海に面しているハイファという町は人口28万人。ここに日本美術に特化したユニークな美術館があります。アジアコレクションの一部としてではなく、日本美術だけを集めた美術館は海外ではおそらくここだけでしょう。フェリックス・ティコティン氏の名前をとった「ティコティン日本美術館」です。 テ...

  • 男女共に兵役を経て入学 イスラエルと日本の大学生は、こんなに違う

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     今年の5月、日本のリクルートという会社の人たちがエルサレムのヘブライ大学に来ました。ヘブライ大の私の教え子たちである日本語を話せるイスラエル人学生を雇用するために面接しにきたのです。同社によれば、海外の大学で面接をするのは、米ハーバード大、英オックスフォード大に続いて3番目ということです。 面接し...

  • なぜ日本は人口が減っているのに、イスラエルでは激増しているのか

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     イスラエルを訪れる日本人旅行者の多くは、街で目にする子どもの多さに驚きます。まるで子ども向けのイベントがあるのかと思わせるほどに、ベビーカーを押したり小さな子どもが駆け回ったりする都心部の日常の光景は印象的です。  日本とイスラエルは似ているところはたくさんあるけれど、人口においては対照...

  • 男子13歳、女子12歳 ユダヤ人の成人式が早い理由とは?

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     長女エデンは私が京大留学中に京都市で生まれました。エルサレムの学校ではヘブライ語をはじめ、英語、アラビア語を習っています。もちろん日本語も話せますし、日本のファッション誌が大好きですね。 彼女は3月、12歳になりました。(12歳という年齢は)ユダヤ人社会では特別な意味があります。この年が女子の成人...