コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

Nissim Otmazgin

このエントリーをはてなブックマークに追加
Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin

Nissim Otmazgin(ニシム・オトマズキン)/国立ヘブライ大学教授、同大東アジア学科学科長。トルーマン研究所所長。1996年、東洋言語学院(東京都)にて言語文化学を学ぶ。2000年エルサレム・ヘブライ大にて政治学および東アジア地域学を修了。2007年京都大学大学院アジア・アフリカ地域研究研究科修了、博士号を取得。同年10月、アジア地域の社会文化に関する優秀な論文に送られる第6回井植記念「アジア太平洋研究賞」を受賞。12年エルサレム・ヘブライ大学学長賞を受賞。研究分野は「日本政治と外交関係」「アジアにおける日本の文化外交」など。京都をこよなく愛している。

  • NEW

    聖地エルサレムに日本の建築がつくられている理由

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     イスラエル・エルサレムの新市街と旧市街をつなぐあたりに、白い立派なロシア正教の聖三位一体大聖堂(ホーリートリニティ大聖堂)があります。最近このあたりを歩いていると、巨大な複合施設が新しく建設されていることに気づきます。 2022年に完成予定の、イスラエルを代表する芸術とデザインの教育機関「ベツァレ...

  • ナゴルノ紛争の当事国、アルメニアはどんな国? アルメニア人とユダヤ人の共通点

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     イスラエルの古都エルサレムの旧市街は、大きな石塀に囲まれた細い路地が入り組み、迷路のようです。日中でも薄暗い路地を歩いていると美しい陶磁器タイルで彩られたアルメニア人の店が目に入ります。アルメニア陶磁器タイルは、エルサレムのトレードマークとしてとても有名です。1919年、イスラム教の聖地である「岩...

  • 「ルールに従わない」イスラエル人と新型コロナ感染の関係

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     新型コロナウイルスの感染者数が減らないイスラエルは9月、再び3週間のロックダウン(都市封鎖)に突入しました。これは春に1カ月以上にわたるロックダウンが終了してから2度目です。今回はもちろん「第2波」の影響です。イスラエルでは9月中旬において、毎日約5000人の新たな感染者が出ており、累計では15万...

  • イスラエルとUAEの国交正常化を読み解く

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     イスラエルは8月、UAE(アラブ首長国連邦)との国交正常化を発表しました。イスラエルでは誰も予想しておらず、相当な驚きをもってこのニュースは迎えられました。最近、イスラエル政府はコロナ対策に関心を奪われており、パレスチナを含むアラブ諸国との関係は膠着状態でした。 国交正常化はトランプ米大統領による...

  • コロナ禍のイスラエルで、デモが激化している

    金閣寺を60回訪れたイスラエル人教授の“ニッポン学” dot.

     この2週間にわたって、イスラエルのエルサレム中心部にある首相公邸の前で、大規模なデモが連日行われています。デモの参加者は、若者や年配者、ひとりの人もいれば家族で参加している人たちもいます。デモの目的は政府のコロナ対策への批判ですが、特にその政策を指揮し、14年間の長きにわたって首相を続けているネタ...

おすすめの記事おすすめの記事