稲垣えみ子

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活。近著2冊『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)を刊行

  • 稲垣えみ子「衝撃! 原稿執筆に集中できない原因はスマホの通知だった!」

    稲垣えみ子「衝撃! 原稿執筆に集中できない原因はスマホの通知だった!」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    9/20

  • 稲垣えみ子「自由な時間を得たいという願いは、脱スマホで叶えられるのでは?」

    稲垣えみ子「自由な時間を得たいという願いは、脱スマホで叶えられるのでは?」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    9/13

  • 稲垣えみ子「ワクチンを巡って互いの心を傷つけ合う私たち、本当にどうかしてる」

    稲垣えみ子「ワクチンを巡って互いの心を傷つけ合う私たち、本当にどうかしてる」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    9/6

  • 稲垣えみ子「医療に頼れない今こそ、日々の生活習慣でコツコツと健康に」

    稲垣えみ子「医療に頼れない今こそ、日々の生活習慣でコツコツと健康に」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    8/30

  • 稲垣えみ子「ロックダウンより、コロナにかかっても安心できる社会への転換を」

    稲垣えみ子「ロックダウンより、コロナにかかっても安心できる社会への転換を」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    8/16

  • 稲垣えみ子「歴史的五輪をモヤモヤと眺める。私に見える世界は確実に変わった」

    稲垣えみ子「歴史的五輪をモヤモヤと眺める。私に見える世界は確実に変わった」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    8/9

  • 稲垣えみ子「公園の涼しさから地球の多様性を体感し、コロナ終息に思いを馳せる」

    稲垣えみ子「公園の涼しさから地球の多様性を体感し、コロナ終息に思いを馳せる」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    8/2

  • 稲垣えみ子「もはや緊急事態が日常 『いつか』はない気持ちでやるべきこともやりたいことも努力する」

    稲垣えみ子「もはや緊急事態が日常 『いつか』はない気持ちでやるべきこともやりたいことも努力する」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    7/26

  • 稲垣えみ子「捨てられるはずのもので何かを作る取り組みが呼ぶ他人事と思えぬ共感」

    稲垣えみ子「捨てられるはずのもので何かを作る取り組みが呼ぶ他人事と思えぬ共感」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    7/19

  • 稲垣えみ子「東京五輪は、もう我らが掛け値なしに愛せる対象ではなくなった」

    稲垣えみ子「東京五輪は、もう我らが掛け値なしに愛せる対象ではなくなった」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    7/12

1 2 3 4 5

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す