稲垣えみ子

稲垣えみ子(いながき・えみこ)/1965年生まれ。元朝日新聞記者。超節電生活。近著2冊『アフロえみ子の四季の食卓』(マガジンハウス)、『人生はどこでもドア リヨンの14日間』(東洋経済新報社)を刊行

  • 稲垣えみ子「閉店した行きつけのカフェが私に与えていたのは大きな希望だった」

    稲垣えみ子「閉店した行きつけのカフェが私に与えていたのは大きな希望だった」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    6/20

  • 稲垣えみ子「経済を回すことも大事だけど、心を回すことも大事なのでは?」

    稲垣えみ子「経済を回すことも大事だけど、心を回すことも大事なのでは?」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    6/13

  • 稲垣えみ子「屋外でのマスク着用はいつの間に義務化? 知らなかったのは私だけ?」

    稲垣えみ子「屋外でのマスク着用はいつの間に義務化? 知らなかったのは私だけ?」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    6/6

  • 稲垣えみ子「妄想で近所全体を我が庭に、『借家』で今の暮らしを最高に」

    稲垣えみ子「妄想で近所全体を我が庭に、『借家』で今の暮らしを最高に」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    5/30

  • 稲垣えみ子「自然のおすそ分けにすがって生きると、日常をウキウキと楽しめる」

    稲垣えみ子「自然のおすそ分けにすがって生きると、日常をウキウキと楽しめる」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    5/23

  • 稲垣えみ子「自分の『正しさ』ばかり考えていた時、人の助けと情けが身にしみた」

    稲垣えみ子「自分の『正しさ』ばかり考えていた時、人の助けと情けが身にしみた」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    5/16

  • 稲垣えみ子「ポイントを貯めたつもりで不安を貯めていたことを思い知る」

    稲垣えみ子「ポイントを貯めたつもりで不安を貯めていたことを思い知る」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    5/9

  • 稲垣えみ子「電気代が上がっても動じない。電気を使わないことで、生活の質が好転したから」

    稲垣えみ子「電気代が上がっても動じない。電気を使わないことで、生活の質が好転したから」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    4/25

  • 稲垣えみ子「もし明日世界がなくなるとしても、いつもと同じ1日を過ごすだろう」

    稲垣えみ子「もし明日世界がなくなるとしても、いつもと同じ1日を過ごすだろう」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    4/18

  • 稲垣えみ子「感染しても絶望することなく生きていける優しい情報が知りたい」

    稲垣えみ子「感染しても絶望することなく生きていける優しい情報が知りたい」

     元朝日新聞記者でアフロヘア-がトレードマークの稲垣えみ子さんが「AERA」で連載する「アフロ画報」をお届けします。50歳を過ぎ、思い切って早期退職。新たな生活へと飛び出した日々に起こる出来事から、人

    AERA

    4/11

1 2 3 4 5

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す