(3ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

山田洋文

このエントリーをはてなブックマークに追加
山田洋文

山田洋文

山田洋文(やまだ・ひろふみ)/1975年生まれ、京都府出身。教育家。神戸大学経済学部卒。独立系SIerのシステムエンジニアを経て、オルタナティブスクール教員に。2016年4月、京都市内でプロジェクト学習に特化した探究塾の探究堂(http://tanqdo.jp/)を開校。探究堂代表、認定NPO法人東京コミュニティスクール理事。

  • 飼育中のダンゴムシを襲った悲劇… 新発見!チーズとチョコが好み

    探究堂日記 AERA

     夏休み明けからダンゴムシ探究に取り組み始めたぷれりか(幼児)クラス。授業のはじめに各自の飼育状況の報告を行うことが最近の恒例となってきました。「葉っぱはやっぱり好きみたい。ダンゴムシが集まってたし」「暗いところにずっと置いてたら、土の中から出てきてたよ!」「(エサとして)梨の皮をあげてみたで。あん...

  • ボールペンを分解してわかった「すごい仕組み」 子どもたちがエンジニアに

    探究堂日記 AERA

     たくらみ中学年(小学3・4年生)クラスでは、「技術や仕組みは応用できる」を合言葉に夏休み明けより新プロジェクトに取り組んでいます。身近な材料を使ったものづくりができるとあって、子どもたちの期待感も高まります。「みんなに聞きたいんやけど、『道具と機械』という言葉を聞いたら、どんなことを思い浮かべるか...

  • 葉っぱを隅々まで知れる「フロッタージュ」って? 小1・2年生が植物博士に

    探究堂日記 AERA

    「『葉っぱ』という言葉を聞いて思いついたことを教えてくれへん?」 夏休み明けから始まるプロジェクトを心待ちにしていたたくらみ低学年(小学1・2年生)クラスの子どもたちに問いかけます。 身近にあって見慣れたものでありながら、普段はあまり意識することがない樹木の葉っぱ。今回のプロジェクトでは、その葉っぱ...

  • ダンゴムシは何を食べる?寿命は?足は何本? いざ探究だ

    探究堂日記 AERA

     長い夏休みが終わり、探究堂の教室ににぎやかな声が戻ってきました。誰一人欠席することなく元気に登塾し、いよいよ新学期のスタートです。「ねえ、今度のプロジェクトってどんなことすんの?」 新プロジェクトの内容に興味津々で待ちきれない様子のぷれりか(幼児)クラスの子どもたち。 私は不意にポケットからある生...

  • 小4生が10種類の炭酸飲料で「メントスコーラ実験」やってみた 噴出度1位はどれだ?

    探究堂日記 AERA

     探究堂では自分が興味・関心のあることをテーマに設定し、個人プロジェクトとしてそのテーマをとことん追究する授業「まいぷろ(マイプロジェクトの略)クラス」も行っています。今回の記事では、まいぷろクラスで現在進行中のプロジェクトをご紹介したいと思います。 現在、小学4年生のKくんが取り組んでいるのは、い...

おすすめの記事おすすめの記事