(3ページ目)コラムニスト連載 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

トップ コラムニスト 中瀬ゆかり 50代ボツイチ再生工場

中瀬ゆかり

このエントリーをはてなブックマークに追加
中瀬ゆかり

中瀬ゆかり

中瀬ゆかり(なかせ・ゆかり)/和歌山県出身。「新潮」編集部、「新潮45」編集長等を経て、2011年4月より出版部部長。「5時に夢中!」(TOKYO MX)、「とくダネ!」(フジテレビ)、「垣花正 あなたとハッピー!」(ニッポン放送)などに出演中。編集者として、白洲正子、野坂昭如、北杜夫、林真理子、群ようこなどの人気作家を担当。彼らのエッセイに「ペコちゃん」「魔性の女A子」などの名前で登場する名物編集長。最愛の伴侶、 作家の白川道が2015年4月に死去。ボツイチに。

  • 中瀬ゆかり「トウチャンの子供を産まない選択をしたわが編集者人生」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

    「8050問題」「子どもリスク」などという言葉を最近よく目にする。現在15歳から39歳で全国に約54万人引きこもりの若者がいて、40歳以上は統計がないけれど、それをあわせたら実は100万人を超えている、という説もあるほど。「8050問題」というのは80歳の老いた親が50歳の無職の子どもの生活の面倒を...

  • 中瀬ゆかり「実は失顔症で上役の顔も覚えられず、やらかした過去」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

     初デートというのはこんな歳になってもやはり緊張する。しかも、相手と会うのは2回目。初対面の日は暗いバーで酔っぱらって話していたし、正直、顔をちゃんと見分けられるかも怪しいレベルだ。脳科学者に教えてもらったのだが私には軽い「相貌失認」(失顔症ともいい、人の顔が覚えられない脳の疾患で、人口の1%位いる...

  • 中瀬ゆかり「北杜夫、野坂昭如氏ら大作家にご迷惑をかけた“21世紀処女”の私」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

     MXテレビ「5時に夢中!」という番組内で、作家の岩井志麻子さんからもたびたびネタにされているが、あちらが「日本一のエロババア」の異名をとるのに対し、私は「21世紀処女」。まことに不名誉な称号である。「世紀をまたいで性器をまたがず」がキャッチコピー。はい、文字通り、トウチャンとは東西南北どこから見て...

  • 中瀬ゆかり「そうか、もう君はいないのか…。黒皮の手帳に残された言葉とは?」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

     白川のいなくなった書斎のカレンダーは、彼が旅立った日の2015年の4月のまま。彼を焼き場で見送った日、みんなと別れてからの深夜、ひとり書斎でぼんやりと時間を過ごし、幼稚な文字でカレンダーの4月16日に「とうちゃんがお星さまになった日」と書いて◯をつけた。あれから3年半がたち、今現在もそのカレンダー...

  • 中瀬ゆかり「霊能師Mさんも予言された運命の人とは?」

    50代ボツイチ再生工場 dot.

    「悲劇は人を変化させるが、喜劇は変化をこばむ」という一文をなにかで読んで刺さった。たしかに、パートナーだった白川道(トウチャン)と暮らして笑いまくっていたあの頃はまるで毎日が喜劇で、私は良くも悪くも変化しなかった、というより、いまある幸せを何一つ失いたくなく、変化を拒絶したのだ。だが彼を喪った悲劇は...