前川喜平〈コラムニストプロフィール〉 - 朝日新聞出版|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

前川喜平

このエントリーをはてなブックマークに追加
前川喜平

前川喜平

1955年、奈良県生まれ。東京大学法学部卒業後、79年、文部省(現・文部科学省)入省。文部大臣秘書官、初等中等教育局財務課長、官房長、初等中等教育局長、文部科学審議官を経て2016年、文部科学事務次官。17年、同省の天下り問題の責任をとって退官。同年5月22日、読売新聞に「在職中、出会い系バーに出入りしていた」と報じられた。翌日、朝日新聞の取材に対し、加計学園をめぐる問題について証言。現在は、自主夜間中学のスタッフとして活動する傍ら、執筆活動などを行う。

  • NEW

    「都会か田舎か…医師として働くなら」人生の先輩が出した答えは?

    前川喜平の”針路”相談室 週刊朝日

     文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は医学部の学生からの相談に答えます。*  *  *Q:僕は現在、医学部の学生をしています。将来、医師として都会で働くか田舎で働くかで迷っています。 交通面なども便利で生活しやすい都会...

  • 「進学校の母校が嫌い」悩む大学生に人生の先輩が出した答えは?

    前川喜平の”針路”相談室 週刊朝日

     文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は進学校だった高校が嫌いな20代男性からの悩みに答えます。*  *  *Q:僕は自分の母校(高校)が大嫌いです。母校は進学校に分類される県立高校で、先生は生徒の進学実績が一番大事。勉...

  • 子どもが芸術に触れると何がいい? 子育てママの疑問

    前川喜平の”針路”相談室 週刊朝日

     文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は子どもの習い事に関する40代女性からの悩みに答えます。*  *  *Q:子どもたちに書道や楽器などを習わせています。良い先生に恵まれ、子どもも頑張っており、それなりに成果を上げてい...

  • 日本の研究は瀕死状態か 前川喜平が「30年先には…」と危惧

    前川喜平の”針路”相談室 週刊朝日

     文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回は国の予算削減で大学が研究費を確保できない現状に、日本の研究力低下を危惧する読者からの相談です。*  *  *Q:今の教育は、日本を滅ぼすのではないかと10年前から危惧しています。例...

  • インスタ映えのために散財し…前川喜平がSNSに悩む女性を一喝

    前川喜平の”針路”相談室 週刊朝日

     文部科学省で事務次官を務めた前川喜平氏が、読者からの質問に答える連載「“針路”相談室」。今回はインスタグラムのフォロワーを増やすために買い物にのめり込んでいるという30歳の女性からの相談です。*  *  *Q:物欲が止まらなくて悩んでいます。インスタグラムで最近買ったものや...