第13回 1960年頃の通産省 ―戦争中の臭いがあった

堺屋太一

2014/10/14 11:00

 1960年、私が通商産業省(現経済産業省)に入った頃は、日本が近代工業社会に向かって必死の岩登りをしている最中だった。通産省はそれを象徴するような役所だった。

 通産省は、この年から庁舎が移った。大蔵省(現財務省)ビルの後の中型ビルから、大蔵省の真ん前の表通りの新しいビルに移ったのである。「このビルは自衛隊の工兵隊の演習費で建てられた」という噂もあった。実際、それにふさわしい安直さで、9階建ての長方型、外装はモルタル塗り。冷房はもちろん無し、暖房の効きも悪い。完成直後は外務省や防衛庁が入っていたらしい。要するに通産省のために新築された建物ではない。

あわせて読みたい

  • 第14回 通産省の転換期――1960年代前半

    第14回 通産省の転換期――1960年代前半

    週刊朝日

    10/21

    加計学園問題 「首相」「官邸」発言は経産省のお家芸

    加計学園問題 「首相」「官邸」発言は経産省のお家芸

    AERA

    5/16

  • 柳瀬唯夫氏の参考人招致 首相よりも守りたかった「モノ」

    柳瀬唯夫氏の参考人招致 首相よりも守りたかった「モノ」

    AERA

    5/15

    室井佑月、ボランティアしたら警察呼ばれた?
    筆者の顔写真

    室井佑月

    室井佑月、ボランティアしたら警察呼ばれた?

    週刊朝日

    12/17

  • 高度成長支えた「1940年体制」 戦後も生き残った理由

    高度成長支えた「1940年体制」 戦後も生き残った理由

    AERA

    8/6

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す