第1400回 借りてきた猫 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1400回 借りてきた猫

バックナンバー

まる(上村さん提供)

まる(上村さん提供)

 子供たちが巣立って主人と2人の生活になったとき、犬か猫が欲しいと思い、そのことを口にするようになりました。

 私が猫を欲しがっていたのを、職場の仲間が覚えていて、1年ほど前、もらってほしい猫がいると、電話をくれました。

 そしてすぐに1匹の雌猫がケージに入れられ、餌と共にやって来ました。飼い主が急に引っ越すことになったけれど、連れていけないのだとか。8歳ぐらいだという話でした。

 その猫を「まる」(写真)と名付けましたが、最初はオドオドして餌も食べず、テーブルの下のすみで縮こまっていました。なるほど、これが“借りてきた猫”なんだ、と納得しました。

 それでもまるは、私たちと過ごすうちにだんだん一緒に寝るようにもなりました。彼女は愛想はありませんが、癒やしをくれる存在となっています。

 今年の夏、まるが熱中症のような症状になりました。下痢と吐き気が止まらないので、初めて動物病院に連れていきました。

 まるはおっかなびっくり診察台に載せられ、検査してもらったのですが、その後先生が「この猫は9歳ではありませんね。ほら、歯が1本しかないし、目も白内障っぽいです。12、13歳かな。餌もシニア用にしてあげてください」。

「はあ! えっ??」と唖然としました。

 ということは、主人72歳、私70歳で、まるも私たちと変わらない年なんだ……。妙に愛しくなり、老いていく3人(?)で、仲良くいたわり合いながら過ごしていければと、気持ちが穏やかになりました。

 まる、仲良くやっていこうね。

(上村ミイ子さん/埼玉県/70歳/パート)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。
尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2020/11/26 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい