第1288回 秋に出会ったので「モミジ」 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1288回 秋に出会ったので「モミジ」

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 14歳で逝った先代猫との別れがあまりにつらかったため、「もう二度と飼うのはよそう」と言ったのは私でした。道端で猫を見かけると「おいでおいで」と声をかける妻に「情が移るからダメ」。シッシッと追い払ったものです。

 秋も深まったある日、いつもの早朝散歩で海の近くを歩いていたときのこと。生け垣の中から突然、その子は飛び出してきました。そして、フィギュアスケートのように私の足の間を8の字を描きながら進みました。生まれてからまだ間もないと思われる小さな子猫でした。

 10メートルくらい一緒に歩いたところで、踏みつけそうになるからと生け垣の中にそっと戻してやる──というのが数日続き、ついに私はその子猫を上着の懐に入れて連れ帰ってしまいました。

 猫は飼わないって言ったのはあなたじゃないの!と、てっきり叱られるものと覚悟して対面してもらった妻も、「可愛い!」とメロメロに。秋に出会ったので「モミジ」(写真、雌、8歳)と名付けました。

 カラスやトンビから身を守るために隠れていたからでしょう、モミジは超がつくほどのビビリ猫。ちょっとした物音にもびっくりして跳びあがって逃げていきます。

 店に来られるお客様と目が合うと、物陰に隠れたまま出てきません。

 連休で娘夫婦、孫たちが泊まりに来たときも、帰るまでの3日間、鳴き声一つたてずに床下でじっとしていました。夜には食べるだろうと置いておいた餌も一口も食べずに!

 時がたち、店に来られるたくさんのやさしいお客様と触れあい、モミジもいまでは人間大好き、立派な看板猫になりました。今日も朝からカウンターの上、ウィンドーの中で招き猫をしているのでございます。

(猪口裕史さん 島根県/66歳/写真館経営)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2018/8/23 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

あわせて読みたい あわせて読みたい