第1273回 今度は私がお姉ちゃんになって… 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1273回 今度は私がお姉ちゃんになって…

バックナンバー

 私はゆき(写真)。ビションフリーゼっていう犬種で、雌の10歳よ。私はね、大型スーパーの中のペットショップで売られていたの。そのころいつも遊びに来てくれるお姉ちゃんがいてね。私はその人にすごく懐いてたんだ~。でもそのお姉ちゃんは一人暮らしだから飼えないって、いつも悲しそうに帰っていった。

 そんなある日ね、ある家族が買ってくれて一緒に暮らすことになったの。でもそこの子供が犬アレルギーになっちゃって……。私はまたペットショップに舞い戻ったってわけ。

 そこからしばらく月日が経って、私もケージが狭く感じるくらいどんどん大きくなっていっちゃったの。でも奇跡ってあるのね。あのお姉ちゃんがまた来てくれた。久しぶりに来てみたら売れたはずの私がまたいて、お姉ちゃん、かなり戸惑ったみたい。だけど結局、私はそのお姉ちゃんと暮らすことになった。お姉ちゃんもすごく喜んでくれて、嬉しかったのを覚えてる。

 5歳の時、目がだんだんと見えなくなってきてね、今ではほとんど見えないの。病院の先生は先天性の網膜萎縮って言ってたな。あの時はすごく不安だった。大好きなお姉ちゃんの顔も見えなくなって、どこにいるかもわからなくなって。

 お姉ちゃん、私が代わってあげたいって泣いてたな。でもね、神様は乗り越えられる人にしか試練を与えないんだって。だから私も乗り越えるんだって思った。

 今はお姉ちゃんが結婚して、旦那さんのご両親も一緒に暮らしてるの。顔はよくわからないけど、とても優しくていい人だっていうことはわかるわ。あとはお姉ちゃんに可愛い赤ちゃんが生まれたら、今度は私がお姉ちゃんになってたくさん可愛がってあげるんだ~。それまではたくさん甘えよっと。

(吉田 彩さん 北海道/31歳/会社員)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2018/4/26 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい