第1216回 脱走の「達猫」も穏やかな老後過ごす

2017/03/02 10:30

 わが家の白猫チュノ(写真、15歳)は子どものころからやんちゃな男の子。
 毎朝、外に出せとワーワー鳴いて、庭に出るとあっという間に遠くに行ってしまい、夜まで帰ってこない日もしばしばでした。
 ある寒い冬、思わぬ事件が起きました。
 その日は午前0時過ぎまで待っても、とうとう帰ってこなかったのです。あくる朝、ぽとっという足音とともに帰ってきたのですが、なんと、前足の指先からは鮮血が出ていました。
 右足には罠がついていました。罠を仕掛けた人が朝見つけてチェーンを刃物で切ったようです。
 病院で罠の本体を切ってもらいました。指先は自分で噛みちぎったのだろうとのこと。その傷よりも、最初はたいした傷に見えなかった罠がかかっていたところの化膿がひどくなり、足を失うかもしれないという宣告まで受けました。
 看護の甲斐あって危機をまぬがれ、治った後はまた相変わらずの外遊び……。
 そんな彼にも10歳ごろから強敵が現れ、痛手を負って帰るようになりました。そこで、鳴き叫んでも外に出さず、縁側の網戸もテープで固定しました。
 しかし彼は網に爪を掛けて全身を使い、渾身の力で開けて脱走する始末。戸締まりしたつもりでも、うっかり閉め残したところでもあろうものなら、いつの間にか脱走。彼は、脱走の達人ならぬ「達猫」なのです。
 近年の猛暑は老体には厳しいようで、もうだめかと思うほど衰弱し、私を心配させました。絶対に脱走させまいと家中の網戸を両面テープでしっかりと固定したところ、最近は諦(あきら)めておとなしくしています。
 午前中にリードを付けてのお散歩、午後のお昼寝。夜はお布団に入り朝まで就寝。彼は老後を穏やかに過ごしています。

あわせて読みたい

  • 2階の窓から“ダイビング脱走”! アクティブすぎる猫と奮闘の日々

    2階の窓から“ダイビング脱走”! アクティブすぎる猫と奮闘の日々

    週刊朝日

    8/9

    蚊も泥棒もシャットアウト! 虫を防ぐだけじゃない、進化する網戸事情とは?

    蚊も泥棒もシャットアウト! 虫を防ぐだけじゃない、進化する網戸事情とは?

    tenki.jp

    6/30

  • 第1309回 ハラハラドキドキ お転婆ミル

    第1309回 ハラハラドキドキ お転婆ミル

    週刊朝日

    1/24

    第1283回 私の体温を感じていれば安心なようで…

    第1283回 私の体温を感じていれば安心なようで…

    週刊朝日

    7/12

  • 第1320回 チャイム鳴る前からわかる、優れた番犬

    第1320回 チャイム鳴る前からわかる、優れた番犬

    週刊朝日

    4/11

別の視点で考える

特集をすべて見る

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

カテゴリから探す