第1175回 ダリアに教えてもらった夫の散歩コース 〈週刊朝日〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

第1175回 ダリアに教えてもらった夫の散歩コース

バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

 朝7時、庭にちょこんと座り、夫を待つビーグル犬のダリア(写真、雌、8歳)。毎朝の光景だが、犬の体内時計の正確さに感服する。
 夫が現れると、ちぎれんばかりに尻尾を振り、喜びを表現する。それでも足りず、夫の周りをグルグル回る。まるで恋する乙女そのもの。仲良く散歩に出かける“ふたり”の姿は、相思相愛のカップルのようだ。
 ダリアを飼い始めて8年。朝夕の散歩は私の役目だったのだが、いつまでも元気なダリアに私の体力がついていかなくなった。そこで夫に泣きつき、朝の散歩を頼んだ。
 出勤前の慌ただしい時間なので、初めは嫌がっていた夫だが、喜びにあふれるダリアにまんざらでもないふうで、今ではすっかり習慣になった。
 こんな穏やかな日々がずっと続くと信じていた矢先、夫が体調を崩し、しばらく入院することになった。
 夫が不在の家はなんだか寒々として、私の心も凍りそうだった。しかし事情を知らないダリアは、いつものように夫を待っている。
「しばらくお父さんはおらんのよ」。そう言ってもダリアにわかるはずもなく、座ったまま動かない。毎朝、現れない夫を待ち続ける。
「ダリア、お父さんとの散歩コース、お母さんに教えてくれる?」。ある朝、ダリアにお願いしてみた。
「よっしゃ、ついといで」とでも言うように、勢いよく駆け出すダリア。裏道をひたすら進む。
 しばらく行くと川に出た。水鳥が羽を休めている。さらに進むと花畑。
 ふと気がついた。夫の散歩コースには自然があふれている。私のようにコンクリートの道をただ歩くだけではなかった。夫の得意げな顔が浮かんだ。
 夫は無事退院し、朝の日課が復活。ダリアは3割増しで夫の周りを回っている。

(栄 直美さん 愛媛県/53歳/主婦)

【原稿募集中!】
「犬ばか猫ばかペットばか」では、みなさまからの原稿をお待ちしております。
原稿は800文字程度で、ペットのお写真を添付のうえ、下記メールアドレスまでご送付下さい。
必ず名前、住所、年齢、職業、電話番号のご記入をお願い致します。

尚、掲載は本コーナーと「週刊朝日」の誌面となります。謝礼は6千円。
mypet@asahi.com
※著作権は本社に帰属します


(更新 2016/5/12 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい