AERA dot.

第48回 スケジュールを空ける

文・大谷由里子

プロフィール  バックナンバー

このエントリーをはてなブックマークに追加

マンガ/上大岡トメ

マンガ/上大岡トメ

連載が本になりました!1月20日発売です『ごきげんで生きる48の方法』

大谷由里子著/イラスト・上大岡トメ
定価:1,404円(税込)

978-4022513335

amazonamazon.co.jp

 貧乏性なわたしは、昔っから、すぐにスケジュールを埋めてしまう。

 それどころか吉本興業のマネージャー時代、タレントのスケジュールもすぐに埋めていた。

 芸人さんたちも、「忙しくていいわ」と喜んでくれるし、売上にもなるし、忙しいのは良いことだと思っていた。

 そんなある日、上司に言われた。

「スケジュールをバンバン入れるのもいいけれど、ほんまにいい仕事が入ってきたときに、スケジュールがあいてないという理由で断るほど悲しいものはないぞ」

 そんな発想はなかった。

 けれども実際に、その現場を目の当たりにした。

 全国ネットのレギュラー番組のオファーがあるタレントに来たさい、そのタレントは小さな仕事でスケジュールが詰まっていた。

 一方、当時の島田紳助さんとマネージャーは、あえて仕事のスケジュールに余裕をもたせていた。

「やりたい仕事をちゃんとやろう」という考えがあったからだった。

 そして、その全国ネットの番組のレギュラーには、島田紳助さんが出ることになった。

 その時のわたしは、宮川大助・花子のマネージャーだった。

 そして、まだこれからという時期だったので、「とにかく露出が大切」と、なんでもかんでも仕事を入れていた。

 そんな自分に反省した。

 2人を説得してスケジュールを空けることにした。

「このまま仕事が入らなかったら、どうしょう」

 かなり不安だった。

 ところが、ありがたいことにそこにレギュラー番組が2本入って、2人はテレビでも売れっ子になっていった。


(更新 2016/1/20 )


バックナンバー

コラム一覧

続きを読む

このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

大谷由里子(おおたに・ゆりこ)

 1963年奈良県生まれ。京都ノートルダム女子大学を卒業後、吉本興業に入社。故・横山やすし氏のマネージャーを務め、宮川大助・花子、若井こずえ・みどりなどを売りだし注目を集める。2003年、研修会社の志縁塾を設立。「笑い」を取り入れた「人材育成研修」は、NHKスペシャルなど多くのメディアで話題となっている。 現在は、年間300を超える講演・研修をプロデュース中。主な著書に『仕事で大事なルールは吉本興業で学んだ』(こう書房)、『はじめて講師を頼まれたら読む本』(中経出版)など多数。