公演中止のお知らせと、被災地への祈り

2011/03/17 13:40

 3月11日の地震が起きた時、僕は自宅にいました。
 新感線の制作のS女史と電話していて最初は「あ。揺れたね」などと呑気にしていたのですが、だんだん大きくなり長く続くので、電話を切って、揺れに対処しました。
 携帯は不通になりましたが、たまたま子ども達も自宅にいたし、家内とも比較的早くPCメールで連絡がつき、会社にいることがわかり、とりあえず家族の無事は早めに確認出来ました。
 かなり大きな地震だとは思いましたが、テレビで東北地方の津波の映像を見て、改めて規模の大きさに愕然としました。
 その後も家内とは携帯は通じませんでしたが、メールでやりとりをし、その日は会社に泊まることを確認し、子ども達と三人で夕食を取り早めに就寝しました。
 まだ、その時は、ここまでの事態になるとは想像していませんでした。

あわせて読みたい

  • 中屋敷版『戯伝写楽』の稽古が始まりました

    中屋敷版『戯伝写楽』の稽古が始まりました

    2/10

    振り返ったり先を見たりしながら

    振り返ったり先を見たりしながら

    1/13

  • 公演中止から10ヶ月、『戯伝写楽』の特別な五日間

    公演中止から10ヶ月、『戯伝写楽』の特別な五日間

    2/10

    3.11後の新年、再び向き合う『戯伝写楽 ―その男、十郎兵衛―』

    3.11後の新年、再び向き合う『戯伝写楽 ―その男、十郎兵衛―』

    1/5

  • 歌麿に当て書き?!『戯伝写楽』の面白さ

    歌麿に当て書き?!『戯伝写楽』の面白さ

    4/8

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す