【ビルボード】INABA/SALAS『Maximum Huavo』が総合アルバム首位 JUJU/HIMEHINAが続く 〈Billboard JAPAN〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

【ビルボード】INABA/SALAS『Maximum Huavo』が総合アルバム首位 JUJU/HIMEHINAが続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
Billboard JAPAN
【ビルボード】INABA/SALAS『Maximum Huavo』が総合アルバム首位 JUJU/HIMEHINAが続く

【ビルボード】INABA/SALAS『Maximum Huavo』が総合アルバム首位 JUJU/HIMEHINAが続く


 2020年4月27日付(集計期間:2020年4月13日~2020年4月19日)の総合アルバム・チャート“HOT ALBUMS”で、INABA/SALASの『Maximum Huavo』が総合首位を獲得した。

 INABA/SALASは、B'zの稲葉浩志とスティーヴィー・サラスによるコラボレーションユニットで、本作は2017年にリリースされた前アルバム『CHUBBY GROOVE』以来、約3年ぶりの新作である。そのCDセールスは初動3日間で44,105枚、週間では59,092枚を売り上げており、同指標で1位を記録。ルックアップでも3位を記録して総合アルバム首位となった。ちなみに、当週のルックアップ指標トップ3のポイントは僅差だった。

 2位には、前週の本チャートで首位を獲得したJUJUの『YOUR STORY』がチャートイン。総合ポイントは前週から50%以上減となっているが、ダウンロードで1位、CDセールスで2位、ルックアップで5位を記録している。チャートが全体的にポイントを落としてきている中、今後も上位をキープしていく可能性があるだろう。

 3位には、バーチャルYouTuber出身の田中ヒメと鈴木ヒナによるユニット、HIMEHINAの『藍の華』が前週の7位から順位を上げてチャートインしている。ポイントも前週の倍以上となっているが、これは前週の集計期間内となる4月11日に先行配信されたのち、当週の4月15日にCDとしてリリースされたため。また、ダウンロード指標がポイント自体は減少しているが、前週の3位から2位に上昇している。

 4位から6位には、本チャートの上位組がチャートイン。総合4位のUruの『オリオンブルー』はCDセールス5位、ダウンロード8位、ルックアップ4位。総合5位のOfficial髭男dismの『Traveler』はCDセールス9位、ダウンロード3位、ルックアップ1位。総合6位のKing Gnuの『CEREMONY』はCDセールス14位、ダウンロード4位、ルックアップ2位。これら3作品は3指標でコンスタントにポイントを記録していることがわかる。特にルックアップの順位は高く、今後も総合アルバム・チャートの上位をキープしていくだろう。


◎【HOT ALBUMS】トップ20
1位『Maximum Huavo』INABA/SALAS
2位『YOUR STORY』JUJU
3位『藍の華』HIMEHINA
4位『オリオンブルー』Uru
5位『Traveler』Official髭男dism
6位『CEREMONY』King Gnu
7位『愛が地球救うんさ!だってでんぱ組.incはファミリーでしょ』でんぱ組.inc
8位『彩脳』TK from 凛として時雨
9位『ALL TIME ROCK 'N' ROLL』鈴木雅之
10位『trust and play』柿原徹也×岡本信彦
11位『ニュース』東京事変
12位『THE PARK』赤い公園
13位『Out of the Shadows』THE PRIMALS
14位『10'S BEST』OKAMOTO'S
15位『MAN WITH A “B-SIDES & COVERS” MISSION』MAN WITH A MISSION
16位『RAISE THE FLAG』三代目J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBE
17位『Sympa』King Gnu
18位『TOKYO SKA TREASURES ~ベスト・オブ・東京スカパラダイスオーケストラ~』東京スカパラダイスオーケストラ
19位『wyxt.』Who-ya Extended
20位『thaw』くるり


トップにもどる billboard記事一覧

続きを読む


おすすめの記事おすすめの記事
関連記事関連記事
あわせて読みたい あわせて読みたい