リアム・ギャラガー、昨年保護した子猫の姉妹猫を飼い始める

Billboard JAPAN

 現地時間2019年1月27日、リアム・ギャラガーが、ナンシーという名前の新しい猫を飼い始めたことをSNSで明らかにした。

 彼は、「ナンシーに挨拶してくれ」という短いメッセージとともに、新たにギャラガー家の一員となった白黒の猫の写真を投稿。英ウッド・グリーン・アニマル・チャリティのSNSによると、ナンシーは、リアムが以前保護した子猫シドの姉妹猫とのことだ。リアムは、同チャリティーから昨年11月にシドを保護しており、その際にシドのことをSNSを通じてファンに紹介していた。

 シェルターの猫たちの写真を撮っているフォトグラファーのインスタグラムには、「リアム・ギャラガーが、私たち@woodgreen.theanimalscharityからちょっと前に小さな子猫を保護したのを覚えている?素晴らしいニュースがあるの。この小さなかわいこちゃんが、シスターと再会を果たし、ギャラガー家の新しい一員になった。ナンシーという名前を付けたそうよ。2匹は同じ母親から生まれた猫で、ナンシーが里親に出されたことを知って、(リアムたちは)彼女のことも保護したの」と経緯を説明している。

続きを読む

この記事にコメントをする

TwitterでAERA dot.をフォロー

@dot_asahi_pubさんをフォロー

FacebookでAERA dot.の記事をチェック