2016年年間音楽ソフト売上動向発表 売上金額は約2,838億円、売上枚数は約1億652万枚【SoundScan Japan調べ】

2017/01/25 12:20

 SoundScan Japanによる全国のCD・ビデオソフト店および広域チェーン店、書店、家電量販店等とEコマース各社で販売された音楽・映像ソフト全ての商品のPOSデータを基に算出した『2016年年間売上動向』が分かった。(計測期間:2015年12月28日~2017年1月1日)
 
 2016年年間の音楽ソフトの売上金額は約2,838億円で、売上枚数は1億652万枚となった。売上の内訳は、オーディオ(アルバム、シングル)売上金額は約2064.6億円、売上枚数は約9438.9万枚/本売り上げ、音楽ビデオ(DVD、BRDなど)の売上金額は約773.6億円、売上枚数は約1213.4万枚/本となった。アーティスト別のオーディオ・音楽ビデオ総売上金額では、嵐が大台の100億円を超える、約103億円でアーティスト別総売上金額でトップとなった。
 
 2016年から調査ストアの条件が2015年と異なるため、オーディオ・音楽ビデオの前年比較はおこなわない。
 
◎2016年年間アルバムヒットチャート
1位『SMAP 25 YEARS』SMAP 91.1万枚
2位『Are You Happy?』嵐  78.0万枚
3位『THE JSB LEGACY』三代目 J Soul Brothers from EXILE TRIBE 64.3万枚
4位『Fantome』宇多田ヒカル 59.0万枚
5位『君の名は。』RADWIMPS 40.2万枚
6位『あの日 あの時』小田和正 36.5万枚
7位『HiGH & LOW ORIGINAL BEST ALBUM』(V.A) 36.1万枚
8位『DEAR.』Hey! Say! JUMP 31.9万枚
9位『E.G. SMILE -E-girls BEST-』E-girls 30.6万枚
10位『Just LOVE』西野カナ 30.5万枚

あわせて読みたい

  • 2016年上半期音楽ソフト売上動向発表 売上金額は約1,399億円【SoundScan Japan調べ】

    2016年上半期音楽ソフト売上動向発表 売上金額は約1,399億円【SoundScan Japan調べ】

    Billboard JAPAN

    7/5

    2017年上半期の音楽ソフト売上動向が明らかに 総売上金額は約1,340億円

    2017年上半期の音楽ソフト売上動向が明らかに 総売上金額は約1,340億円

    Billboard JAPAN

    7/13

  • 2019年オーディオ作品 総売上は約1,841億円で微減 アーティスト別では嵐が196億円で首位

    2019年オーディオ作品 総売上は約1,841億円で微減 アーティスト別では嵐が196億円で首位

    Billboard JAPAN

    1/31

    2020年年間音楽ソフト売上動向発表 アーティスト別オーディオ首位は米津玄師 音楽ビデオを含む総合首位は嵐

    2020年年間音楽ソフト売上動向発表 アーティスト別オーディオ首位は米津玄師 音楽ビデオを含む総合首位は嵐

    Billboard JAPAN

    2/9

  • 2020年年間音楽ビデオ売上動向発表 総売上金額は前年比91.2%に アーティスト別首位は乃木坂46

    2020年年間音楽ビデオ売上動向発表 総売上金額は前年比91.2%に アーティスト別首位は乃木坂46

    Billboard JAPAN

    2/9

この人と一緒に考える

コラムをすべて見る

コメント

カテゴリから探す