北アフリカ「タジン」料理の知られざる奥深さ <アフリカン・メドレー> (1/3) 〈アサヒカメラ〉|AERA dot. (アエラドット)

AERA dot.

北アフリカ「タジン」料理の知られざる奥深さ <アフリカン・メドレー>

このエントリーをはてなブックマークに追加

地元の食堂で食べた鶏肉のタジン。フライドポテトと豆の煮込みが添えられた(タルファヤ・モロッコ 2003/Tarfaya,Morocco 2003)

地元の食堂で食べた鶏肉のタジン。フライドポテトと豆の煮込みが添えられた(タルファヤ・モロッコ 2003/Tarfaya,Morocco 2003)

道沿いに立つ食堂兼雑貨店を見つけ、休憩。周囲には、この店と道と半砂漠以外には何もない。風が強かった(西サハラ 2001年/West Sahara)

道沿いに立つ食堂兼雑貨店を見つけ、休憩。周囲には、この店と道と半砂漠以外には何もない。風が強かった(西サハラ 2001年/West Sahara)

岩崎家のタジン鍋。肉と玉ねぎを1時間程度煮込んだら、残りの野菜を並べ入れる。野菜に火が通れば完成

岩崎家のタジン鍋。肉と玉ねぎを1時間程度煮込んだら、残りの野菜を並べ入れる。野菜に火が通れば完成

 広大なアフリカ大陸のうち25カ国を訪ねてきた、フリーランスライターで武蔵大学非常勤講師の岩崎有一さんが、なかなか伝えられることのないアフリカ諸国のなにげない日常と、アフリカの人々の声を、写真とともに綴ります。

北アフリカで食べられている「タジン」。とんがり帽子のような形状の鍋で、肉や野菜を煮込んだ料理です。郷土料理でもあるタジンですが、ここにもアフリカのおもてなしの心が詰まっていました。岩崎さん特製のレシピも紹介します。

【アフリカン・メドレーのフォトギャラリーはこちら】

*  *  *
 私が自宅で、しばしば再現するアフリカ料理がある。「タジン」だ。

 タジンは料理名として知られているが、本来は、アラビア語で鍋を意味する言葉だ。サンタの帽子のような円錐形のふたがついた土鍋で、肉や野菜を煮込んだ料理全般を指す。タジンが食されているのは、モロッコやチュニジア、アルジェリアなど、北アフリカ諸国。現地では極めてポピュラーな料理であり、食事処でメニューにタジンないことは、まずない。私がモロッコと西サハラを訪ねた際には、ほぼ毎日のようにタジンを食べていた。

 メインとなる具材は、鶏肉または牛肉、羊肉が一般的なところだが、モロッコのアガディールから西サハラのラユーンにかけての大西洋沿いではイワシのタジンが、サハラではラクダのタジンもよく食べられている。牛ひき肉を団子状にしたタジンもある。日本でいう「鍋」のようなもので、庶民料理とも郷土料理とも、場合によっては高級料理ともいえる。

  具材も味付けも実にさまざまなタジンだが、これまでに食べてきた中で、ハズレだと感じたものはない。質素でも独特でも高級でも、タジンのうまさには安定感がある。

 タジンを自宅で作るたびに、水の少ない土地でこそ生まれた料理だと感心している。ほんの半カップ弱しか水を加えていないのに、ふたを開ければ、野菜から出たたっぷりの水分が、具材をふっくらと煮込んでいる。玉ねぎとなんらかの肉さえあれば、水をほとんど使わずしてできるため、乾いたサハラに実にふさわしい料理といえる。

 食事処でタジンを注文して食べる際には、一人用の鍋で出されることもあれば、大鍋で炊いたものから一人分を皿に移して供されることもある。ただ、できれば、タジンは複数人で食べたい料理だ。

 私がモロッコから西サハラにかけて訪ね歩いた際には、食堂でタジンを食べている最中のグループや家族から、輪に加わるよう声をかけてもらったことが何度もあった。日本でも、北アフリカでも、やっぱり鍋は皆でつついたほうがおいしく感じるものだ。


トップにもどる

続きを読む

関連記事関連記事

このエントリーをはてなブックマークに追加
あわせて読みたい あわせて読みたい