注射器に移されていく新型コロナウイルスワクチン (c)朝日新聞社
注射器に移されていく新型コロナウイルスワクチン (c)朝日新聞社

「人口削減計画の一環」「マイクロチップが埋められて5G通信で操作される」。ネットで新型コロナワクチンを検索すると、陰謀論めいた情報を目にする。若者のワクチン接種率が低いと言われるが、そうした情報は影響しているのだろうか?

【データ】発熱、頭痛だけじゃない!ワクチン接種後に確認された副反応と割合はこちら

「ワクチン接種後、体が磁気を帯びて金属がくっついたと報告する動画が出回っている。環境中の電磁波と作用して人体に悪影響がないのか心配」

 こう話すのは、昨年の都知事選や今年の千葉県知事選に立候補した平塚正幸さん(39)。選挙戦で「コロナはただの風邪」「ワクチン打つな」と訴え、注目を集めた。

 ノーマスクで演説や音楽ライブをする「クラスターフェス」は、渋谷などの街頭で約80回行った。

 マスク着用や外出自粛に反対し、「コミュニケーションが妨げられ、人生を謳歌(おうか)する喜びを奪われるのは問題」と話す。

 SNS上にも、ワクチンの「危険性」を発信するインフルエンサーがいる。「日本のメディアはワクチンのリスクを大きく取り上げない」と話すのは、ツイッターで4万6千人のフォロワーを持つ「目覚めてる庶民(自頭2.0)」さん。

「コロナ禍で行動や価値観やルールが画一化され、人間が感情や判断を失いロボット化しているように見えます。同調圧力によって、善意のうちに差別と迫害を生む全体主義に導く。この騒動は世界的に仕掛けたシナリオだと確信しています」

 自身の発信内容について、SNS上では多くの賛同や情報提供が寄せられるが、現実の社会では周囲からの「絶望的な無関心や反発」を感じることがあるという。

 ネット情報に親しむ若者世代は、ワクチン関連のうわさにどのくらい触れ、どう感じているのだろうか。渋谷駅ハチ公前で10~20代の20人に話を聞いた。

 このうち13人が「陰謀論」「デマ」という類いの情報を「聞いたことがある」と答えたが、信じると話す人はいなかった。

 早稲田大学生の女性(22)は、デマをネタにしてふざけている友人が多いと笑う。

「『ワクチンを打ったので体が大学のWi-Fiと接続できた。自分のそばに来ればネットが使えます』みたいなことをSNSで投稿して面白がってますよ。真に受ける人はいないです」

次のページ