秦 基博、3年ぶりとなるオリジナル・アルバムの発売決定
秦 基博、3年ぶりとなるオリジナル・アルバムの発売決定

 秦 基博が、3年ぶりのオリジナル・アルバム『Paint Like a Child』を3月22日にリリースすることを発表し、ティザージャケットを公開した。

 アルバム・タイトルとなった“Paint Like a Child”とは、晩年のピカソが残した「ようやく子供のような絵が描けるようになった」という意味の言葉。秦 基博がこれまでのキャリアを経てなお、子どもの落書きのようにはみ出していく自由さや遊び心を持って制作されたとのこと。

 アルバムには、NHK連続テレビ小説『おちょやん』の主題歌である「泣き笑いのエピソード」や、テレビ朝日系木曜ドラマ『六本木クラス』挿入歌として話題となった「残影」を筆頭に、映画『イカロス 片羽の街』の主題歌「イカロス」などの新曲を含む全10曲が収められる。また初回盤には、2022年にBillboard Live YOKOHAMAにて開催されたアコースティック・ライブ【Office Augusta 30th MUSIC BATON Vol.7】がフル収録されるほか、ファンクラブ盤は、アルバム制作期間のドキュメンタリー映像や、アルバムを深掘りしたインタビューブックやツアーと連動したライトバングルも付いたスケッチブック型の仕様となる。

 なお、このアルバムを引っ提げて行われる全19公演の全国ツアーも決定しており、現在オフィシャルファンクラブ『Home Ground』にてチケット先行が開始されている。

◎リリース情報
アルバム『Paint Like a Child』
2023/3/22 RELEASE
<Home Ground 限定盤(CD+BD+インタビューブック+グッズ:本体スケッチブック仕様)>
PROS-1924 10,450円(tax in.)
<Home Ground 限定盤(CD+DVD+インタビューブック+グッズ:本体スケッチブック仕様)>
PROS-1925 10,450円(tax in.)
<初回限定盤(CD+BD:スリーブケース付)>
UMCA-19068 5,280円(tax in.)
<通常盤(CD)>
UMCA-10093 3,300円(tax in.)