テイラー・スウィフト、『TTPD』の“大好きな曲のひとつ”「Guilty as Sin?」をスウェーデン公演で初披露
この記事の写真をすべて見る

 現地時間2024年5月18日、テイラー・スウィフトが、スウェーデン・ストックホルムで開催した【The Eras Tour】で、最新アルバム『ザ・トーチャード・ポエッツ・デパートメント』から「Guilty as Sin?」をライブで初披露した。

 先週末、ストックホルムのフレンズ・アリーナで3日連続公演行ったスウィフトは、土曜日にサプライズ・ソングを披露するアコースティック・コーナーの冒頭で、“完全にワイルド”な観客を褒め称え、「皆さんは一晩中、私たちにエネルギーを与えてくれました」と語った。

 「“トーチャード・ポエッツ”から大好きな曲のひとつで、今までライブで披露したことのない曲を演奏したくなりますね」と彼女はいたずらっぽく話すと、ギターを数回鳴らした。そして最新アルバムをリリースしてから数週間で、ファンにはすぐにおなじみとなった「Guilty as Sin?」の冒頭の歌詞を歌い始めると、フレンズ・アリーナの客席から悲鳴が上がった。

 続いて、アルバム『1989』収録曲のピアノ・メドレーを行い、「Say Don't Go」、「Welcome to New York」、「Clean」を演奏した。