レッド・ツェッペリン、初の公認ドキュメンタリー映画公開へ
この記事の写真をすべて見る

 待望のレッド・ツェッペリンに関する初の公認ドキュメンタリー映画『Becoming Led Zeppelin』が、ソニー・ピクチャーズ・クラシックスによって北米、中南米、中東、東南アジア(日本を除く)、ベネルクスで配給されることになった。

 米デッドラインによると、バーナード・マクマホンが監督するこのドキュメンタリーとコンサートのハイブリッド映画はツェッペリンに関する初の公認映画で、未公開の映像、パフォーマンス、音楽がフィーチャーされており、メンバー自身の言葉で語られる「レッド・ツェッペリンの創造的、音楽的、個人的な原点ストーリーを探求する体験型映画的オデッセイ」であると説明されている。

 『Becoming Led Zeppelin』は、2021年に【ベネチア映画祭】で制作中の未完成版が上映され、10分間のスタンディング・オベーションを受けた。この映画は、バンドの4人のメンバーであるボーカルのロバート・プラント、ギタリストのジミー・ペイジ、ベーシストのジョン・ポール・ジョーンズ、そして今は亡きドラマーの故ジョン・ボーナムが、1960年代の英国の音楽シーンで小さなクラブで演奏しながら出世していく姿を描いている。彼らのキャリアを大きく変えた1968年の運命的なリハーサル、そしてロック界のスーパースターダムへと上り詰めた1970年の初の全米ツアーまでが描かれる。

 デッドラインによると、この映画には新しいサウンド・ミックス、ホーム・ムービーや家族写真を含む4人のメンバーのアーカイブからの未公開資料、ペイジ、プラント、ジョーンズの独占インタビュー、故ボーナムの未公開インタビューが収録されている。

 映画の脚本はマクマホン(『アメリカン・エピック』)とアリソン・マクガティが担当し、監督は、チームが“最高のサウンドで大スクリーンで体験できるよう、何年もかけてこの映画をデザインした”と語っている。