ケイティ・ペリー、「Roar」MVのYouTube再生数が40億回超え

 ケイティ・ペリーによる「Roar」のミュージック・ビデオの再生回数がYouTubeで40億回を突破し、女性アーティストとして同プラットフォーム最多をマークした。

 2013年のMVで、ケイティはジャングルで動物たちとたわむれており、サルと仲良くなり、ゾウの助けを借りてシャワーを浴び、ワニの歯を磨き、“うなり声”でトラを服従させている。このエンパワーメント・アンセムは、米ビルボード・チャートで多くの成功を収めた。2013年にアルバム『プリズム』からのシングルとしてリリースされた「Roar」は、ソング・チャート“Hot 100”で2週1位を獲得した。さらに「Dark Horse」や「Unconditionally」などのヒットを輩出した『プリズム』は、2013年11月にアルバム・チャート“Billboard 200”で1週首位に輝いた。

 当時、元夫ラッセル・ブランドとの離婚手続きを進めていたケイティは、米ビルボードのカバー・ストーリーで、ベストセラーとなった自己啓発本『ザ・パワー・オブ・ナウ 魂が目覚める日々の言葉』の著者であるエックハルト・トールの動画に触れ、「エックハルト・トールが、喪失感について語った6分ぐらいの話にとてもインスパイアされました」と語っていた。「何かを失うと、すべての土台が崩れますが、同時に何か素晴らしいものがやってくるための大きな穴を残すことにもなります」と彼女は説明した。

 2014年、「Roar」は【グラミー賞】で<年間最優秀楽曲>と<最優秀ポップ・ソロ・パフォーマンス>にノミネートされた。同曲は2017年に全米レコード協会(RIAA)からダイアモンド認定を受け、ケイティは「Firework」と「Dark Horse」に続き、アメリカで3枚のダイアモンド認定シングルを持つ初のアーティストとなった。