メイン画像

関西では、今夜にかけて天気は回復に向かうでしょう。その後は週末にかけて晴れる所が多くなる見込みです。朝晩はまだ内陸部を中心にヒンヤリしますが、日中は気温が上昇し、京都など30度以上の真夏日となる日がありそうです。この先も一日の気温の変化が大きいですので、体調の管理に注意が必要です。

このあと午後は雨がやむ お帰りの際は傘の置忘れに注意

画像A

関西では、このあと西から雨がやんでくる見込みです。大阪など多くの所で午後3時以降は雨がやむでしょう。南部でも、遅くとも夜には雨があがってきそうです。お帰りの際は、傘の置忘れにご注意ください。
また、雨がやんだあとはいったん気温が上がりますが、夜は朝より気温が下がってくるでしょう。明日14日(火)の朝は、京都や奈良など内陸部を中心に10度を下回る可能性があります。今朝より大幅に低くなるため、寝冷えにお気をつけください。
風も次第に弱まる所が多いものの、太平洋沿岸では、夜にかけて北よりの風がやや強い状態が続く見込みです。強風や高波に注意が必要です。

今日13日(月)11時までの24時間雨量 南部で100ミリを超えた所も

画像B

関西では、今朝にかけて前線が通過しましたが、暖かく湿った空気の流れ込みが予想されていたよりも弱まったため、京阪神など極端に雨が強まることはありませんでした。ただ、南部では、雨の強まった時間があり、和歌山県栗栖川では今日13日(月)11時までの24時間雨量が100ミリを超えました。

明日14日(火)は青空広がる 週末にかけて晴れる所が多い 京都など30度予想も

画像C

明日13日(火)から19日(日)にかけては、高気圧に覆われて晴れる所が多いでしょう。ただ、16日(木)は、寒気を伴った気圧の谷が通過するため、北部を中心に雲が増え、大阪や神戸でも通り雨の可能性があります。19日(日)は、西日本の南の海上に前線が延びてくるため、南部で雲が多くなり、雨の降り出す所があるでしょう。20日(月)は、広い範囲で雨が降る見込みです。
この先も晴れた日は一日の気温の変化が大きくなりそうです。週末は京都や豊岡、奈良などで最高気温30度以上の真夏日が予想されています。急な暑さで体調を崩さないよう注意が必要です。