レッドソックス・吉田正尚(写真:USA TODAY Sports/ロイター/アフロ)

 今年の野球界の話題といえば、メジャー史上最高額の契約でドジャース入りした大谷翔平、同じく大型契約でドジャースと契約と結んだ山本由伸、そして日本時代以上の投球を見せ、現地でも話題となっているカブスの今永昇太など米国で活躍する日本人選手が中心となっている。(以下、文中の成績はすべて現地5月12日終了時点)

【写真】イチローだけじゃない!MLBの年金額「満額支給」の日本人選手がこちら(ほか3人)

 その傍らメジャー2年目にして早くもを“移籍話”で注目されているのがレッドソックスの吉田正尚だ。昨季は140試合の出場で打率.289(537打数155安打)、15本塁打、72打点とルーキーイヤーとしては上々の成績を残した。

「大谷のような華々しさはないが自身の役割は果たしている。コンスタントに結果を出すので使いやすい選手。チームの中心とは言えないまでも大事な戦力となっている」(地元新聞社レッドソックス・ビートライター/番記者)

 だが、シーズンオフの1月にはトレードの可能性が浮上。実際には開幕前に移籍は起きなかったが、チームは過渡期を迎えているだけに夏のトレード期限(今年は7月30日)までに移籍もあるという声もいまだに多い。今季は開幕から主にDH(指名打者)として24試合に出場して打率.275(80打数22安打)、2本塁打、11打点という成績を残していたが、4月28日の試合で左手を痛めIL(負傷者リスト)入り。5月10日にはアレックス・コーラ監督が復帰まで数週間かかる見込みであることを明かした。

 チームは今季、ここまでア・リーグ東地区で首位オリオールズから5.5ゲーム差の3位。2022年からは2年連続で地区最下位となっており、再建中といっていい状況だろう。そんな中、吉田が昨季守ったレフトを任されている新加入のタイラー・オニールの他、ジャレン・デュラン、ウィルヤー・アブレイユと外野手の陣容は固まってきている。吉田はDHでありながら今季の年俸が1800万ドル(約28億円)と彼らよりはるかに高く、それもトレードを後押しする要因にもなりそうだ。

「守備が決して上手くない外野手にしては高額な契約。年俸などを考えれば、現在の打撃成績では物足りない。チームが人件費縮小を目指していると言われる中、移籍候補に挙がるのは仕方ない」(地元新聞社レッドソックス・ビートライター/番記者)

次のページ
吉田以上に“トレードの価値”が上がりそうなのは?