メイン画像

明日11日(土)は晴れて暑くなり、真夏日の所もありそうです。12日(日)は次第に雨の降る所が多く、13日(月)は本降りの雨となるでしょう。この先2週間は暑い日が多くなる見込みで、熱中症に注意が必要です。

明日11日(土)は晴れて暑くなる 真夏日の所も

画像A

明日11日(土)は高気圧に覆われるため、よく晴れて行楽日和となりそうです。南から暖かい空気が流れ込んで気温が上がり、日最高気温が25℃以上の夏日となる所が多いでしょう。特に新潟県長岡市では30℃の予想で、真夏日となる見込みです。

北陸地方ではここ数日、日によって寒暖差が大きくなっています。8日(水)は寒気の影響で気温が上がらず、新潟市では正午に11.0℃と、日中は3月並みの寒さでした。一方、今日10日(金)は、15時までの最高気温は福井で26.2℃と夏日になった他、23℃前後の所が多くなっています。明日11日(土)はさらに暑くなるため、熱中症に注意が必要です。屋外でのレジャーや田植えなどの農作業の際には帽子を活用し、こまめな水分補給や休憩を心がけてください。

12日(日)は次第に雨、13日(月)は広く雨、雨脚の強まる所も

画像B

12日(日)は寒冷前線が日本海を進む見込みです。晴れ間も出ますが、福井から富山では次第に雨が降りだすでしょう。
13日(月)は寒冷前線が北陸地方を通過するため、広く雨が降る見込みです。特に明け方から朝にかけては雨脚の強まる所があるでしょう。通勤・通学の時間帯と重なりますので、時間に余裕をもってお出かけください。
雨の量が多くなると、普段流れの遅い河川や用水路でも水かさが増したり、流れが速くなったりします。絶対に近づかないでください。また、雨水はアンダーパスに流れ込むため、すぐに冠水します。車が水没して故障し、車内に取り残されると非常に危険なため、無理をして通らず迂回するなどの対応をとってください。

14日(火)は高気圧に覆われるため、晴れる所が多いでしょう。新潟県では明け方まで雨の残る所がありますが、日中は天気が回復して晴れる見込みです。

18日(土)~23日(木) 天気は周期的に変わる 夏日続出

画像C

18日(土)は晴れて行楽日和となるでしょう。19日(日)は天気下り坂で次第に雨が降りだす見込みです。20日(月)も雨の降る時間帯があるでしょう。21日(火)以降は、だいたい晴れる見込みです。

最高気温は25℃以上の夏日の所が多く、汗ばむ陽気が続くでしょう。この時期は、小学校の運動会シーズンにあたる地域もあり、屋外で活動される機会も多いかと思います。風通しの良い服を着たり、飲み物を多めに用意したり、競技や応援の合間には木陰で休んだりするなど、引き続き熱中症対策を行ってください。