メイン画像

今日5日こどもの日は、北海道から中国、四国、沖縄にかけて広く晴れて、紫外線が強まっています。紫外線が「非常に強い」や「強い」レベルの所が多くなりますので、しっかりと対策を。

紫外線「非常に強い」レベルも

今日5日こどもの日は、北海道から中国、四国、沖縄にかけて広く晴れています。日差しがたっぷり降り注ぎ、紫外線が強まっています。

東北から中国、四国、九州南部、沖縄では、紫外線は「非常に強い」または「強い」レベルでしょう。屋外のレジャーなどでは、日焼けをしないよう、紫外線対策をなさってください。北海道や九州北部は「やや強い」レベルですが、対策をしておくと安心です。

今日5日は気温もグングン上昇しています。半袖など薄着で過ごす方も多いと思いますが、腕や首なども、うっかり日焼けしないよう、忘れずに対策をしましょう。

紫外線が強いのはいつ?

画像B

紫外線は、季節や時刻、緯度によっても、量が大きく変わってきます。

① 同じ気象条件なら、太陽が頭の上にくるほど、紫外線の量が強まります。日本では、1年のうちで、春から初秋にかけて紫外線が強まり、4月~9月に1年のおよそ70~80%の紫外線が降り注ぎます。最も紫外線が強いのは、6月から8月の夏の時期ですが、5月も油断できません。
② 1日のうちで一番紫外線が強い時間は、正午頃をはさむ数時間です。夏の午前10時~午後2時には、1日のおよそ70%の紫外線が降り注ぎます。
③ また、緯度によっても、紫外線の強さは異なり、北から南へ行くほど(緯度が低くなるほど)紫外線は強くなります。年間の紫外線量は、沖縄と北海道では、2倍程度の違いがみられます。

紫外線の浴びすぎを防ぐには?

画像C

紫外線は、体の中でビタミンDを作るのを助ける役目もありますが、紫外線を浴びすぎるのは、要注意です。紫外線による皮膚への影響を防ぐには、日焼けしてからの手入れでは、対策が遅すぎます。紫外線の浴びすぎを防ぐには、次のような対策がおススメです。

① 長袖の衣類や、UVカット効果のある衣類を選びましょう。ただ、暑い時期には、無理をして、熱中症にならないよう、通気性の良い素材などを選ぶことを、心がけてください。
② 洋服などで覆うことができない所は、日焼け止めを塗るのも効果的ですが、汗をかくと、日焼け止めが流れてしまいます。日焼け止めは、こまめに塗りなおしましょう。
③ 紫外線は、眼からも浴びてしまいます。サングラスをかける場合は、眼にフィットした紫外線防止効果のあるサングラスを選ぶと、最大で紫外線を90%もカットすることができます。