伝記映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』ジャパン・プレミア開催、息子ジギー/監督/主演俳優が来日へ

 伝記映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』から、故ボブ・マーリーの実の息子でありプロデューサーのジギー・マーリー、主演俳優のキングズリー・ベン=アディル、そして監督のレイナルド・マーカス・グリーンの来日が決定した。さらに彼らが参加するジャパン・プレミア・イベントが映画公開直前の2024年5月14日に開催されることも決定した。来日に向けて、ジギー・マーリーからのメッセージも公開された。

 映画の公開に合わせて原宿・竹下通りにてアイコニックな姿とラスタカラーであしらわれたポップアップストアが期間限定でオープンすることも決定した。5月8日に世界で日本のみ発売が決定した本映画のサウンドトラックCD(限定と通常の2形態)はもちろんのこと、ここでしか購入できないボブ・マーリーのグッズや映画の商品、超レアなジャマイカプレスのアナログ・レコードなどが販売される。開催期間は、5月10日から26日となる。


◎リリース情報
アルバム『ボブ・マーリー One Love(オリジナル・サウンドトラック)』
2024/5/8 RELEASE
<デラックス・エディション>
UICY-80464 3,850円(tax incl.)
<通常盤>
UICY-16224 2,860円(tax incl.)

2024/7/31 RELEASE
<LP>
UIJY-75275/6 5,830円(tax incl.)

◎映画情報
映画『ボブ・マーリー:ONE LOVE』
監督:レイナルド・マーカス・グリーン(『ドリームプラン』)
キャスト:
キングズリー・ベン=アディル(『あの夜、マイアミで』)
ラシャーナ・リンチ(『キャプテン・マーベル』)
2024年5月17日全国公開
c 2024 PARAMOUNT PICTURES