リンキン・パーク、レア音源「クワーティ」のビジュアライザー公開

 リンキン・パークのキャリア初となるグレイテスト・ヒッツ・アルバム『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション 2000-2023)』が、ワーナー・レコーズよりリリースとなった。各音楽配信サービス、そしてCD、カセット、2枚組通常ブラック・アナログ盤の3形態に加え、ワーナーミュージック・ストア限定の2枚組ピクチャー・アナログ盤、そして2枚組カラー・アナログ盤も発売となった。

 このコレクションのリリースを記念すべく、バンドは、これまで滅多に耳にする機会がなかったレア音源でありアルバムのハイライトとなる楽曲「クワーティ」のビジュアライザーを自身のYouTubeチャンネルで公開している。このクリップは、ディストーションの効いたカタルシスをもたらすボーカルと共に、アルバム『ミニッツ・トゥ・ミッドナイト』時代のBサイド・トラックの力強いエネルギーを捉えている。

 『ペイパーカッツ』は未発表音源の「フレンドリー・ファイヤー」の公開と共に、そのリリースが明らかになった。この曲と「クワーティ」に加えて、全20曲収録の今作には、他に「クローリング」から、ジェイ・Zとコラボレーションをした「ナム/アンコール」、さらにアメリカレコード協会よりダイヤモンド・ディスク(10xミリオン)の認定をうけた「イン・ジ・エンド」など、彼らを語るうえで外せない重要な18曲のアンセムが収録されている。


◎リリース情報
アルバム『ペイパーカッツ(シングルス・コレクション 2000-2023)』
2024/4/12 RELEASE
<国内盤CD>
WPCR-18666 2,970円(tax incl.)
https://lprk.co/papercuts

Photo: cJames Minchin