ルイ・トムリンソン、ハリー・スタイルズとの交際の陰謀は“個人的になりすぎる”と語る

 ルイ・トムリンソンが、ワン・ダイレクション(1D)時代からハリー・スタイルズと自身につきまとう陰謀論について語った。

 現地時間2024年4月8日、【フェイス・イン・ザ・フューチャー・ワールド・ツアー】のラテン・アメリカ公演を控えたルイは、ブラジルのニュース・メディアG1とのインタビューでいわゆるラリーズ(Larries、“L”ouis+H“arry”から)について単刀直入に質問された。ラリーズとは、彼とハリーが過去に交際していたか、今も密かにカップルであると今日にいたるまで確信しているファンの一派のことだ。

 質問に対しルイは、肩をすくめながら、「何年か前に気づいたことなんですが、僕に言えることが何もないのがきついですね。その陰謀の信奉者を一掃するために、僕にできることは何もないんです」と答えている。

 「彼らは今、自分たちが真実だと信じているものとあまりにも絡み合っていて、ありのままの真実を見ようとしないんです」と彼は続け、「もし(気にしていないと言ったら)嘘になります……少し閉口させられていますが、それがこの仕事の本質みたいなものですし。時には個人的になりすぎることもあります。僕には息子のフレディがいます。僕の人生で最も大切な人です。時折、(陰謀論が)本当に偏ったことに触れることもあります」と語っている。ルイはスタイリストのブリアナ・ユングワースとの間に8歳になる息子のフレディ・レインがいる。

 ルイとハリーとのロマンスとされる噂は、1Dが英オーディション番組『Xファクター』で結成された2010年までさかのぼる。2015年にグループが無期限の活動休止を発表し、彼らを含むメンバー全員(ゼイン・マリク、ナイル・ホーラン、リアム・ペイン)がソロ活動を始めたあとも、“Larry”のいわゆるカップリングに特化したファン・フィクション、ファン・アート、オンライン・フォーラムは今も盛んに続いている。

 実際、あまりにも人気なため、サム・レヴィンソン監督によるドラマ『ユーフォリア』の2019年のエピソードで、アニメ化されたルイとハリーが主役の生々しいセックス・シーンが登場し、ルイが放送直後に非難のツイートをする事態となった。

 今回のインタビューでルイは、「(カップリングとは)いま存在してしまっているものなわけで……それに関して僕にできることは何もないし、人々が捏造したいことを捏造するのを止めるために、それに関して言えることもない。だから、それならそれで仕方ない」と語っている。