デュア・リパ、ニューAL『ラジカル・オプティミズム』のティーザーを公開

 デュア・リパによるニュー・アルバム『ラジカル・オプティミズム』の幕開けが間近となった。

 現地時間2023年4月3日にデュアがインスタグラムに投稿したドリーミーな動画は、新曲の一部と共に5月にリリース予定のアルバムに向けたスタジオ・セッションでの彼女の様子を捉えている。

 同映像は、デュアがボーカルをレコーディングしたり、ノートに歌詞を書いたり、聞き取れないビートに合わせてジャムをするショットがつなぎ合わされている。彼女は新曲の一部の合間に「それはカオスの美しさで、その中で冷静でいようとしています」とナレーションをしている。「何度も何度も聴いて、“このストーリーをどう伝えよう”と感じるのです」と続けた。

 振り付けの練習をしている映像の中で、「アルバムを紹介する時、私はいつも最もアップビートな曲を選びます」と彼女は付け加えた。「私は踊り続けることができるし、みんなを躍らせ続けることもできる」と述べ、「異なる方法で世界を作り出そうとしていて、音質的には実験で、テーマ的にはいつも立ち直る力です」と締めくくっている。

 また、彼女は動画のキャプションに「第一章に深く潜ってみましょうか」と綴った。

 先月、デュアは初めて最新アルバム『ラジカル・オプティミズム』について発表し、3月13日に同アルバムの穏やかなカバー・アートと11曲のトラックリストをSNSで公開した。その際、彼女は声明で「数年前、友人が“ラジカル・オプティミズム”という言葉を教えてくれました」と述べ、「それは私の心に響く概念であり、それを使ったり、私の人生に織り交ぜるうちに、より興味を持つようになりました」と説明している。

 ニュー・アルバム『ラジカル・オプティミズム』から、これまでにシングル「フーディーニ」と「トレーニング・シーズン」が先行リリースされており、米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”でそれぞれ初登場11位と27位にランクインしている。5月3日にリリース予定の本作は、米ビルボード・アルバム・チャート“Billboard 200”で3位にチャートインした2020年の『フューチャー・ノスタルジア』以来のアルバムとなる。