ロザリア、ハンター・シェイファーと2019年に交際していたことが明らかに

 現在ロザリアと仲の良い友人であるハンター・シェイファーが、数年前それ以上の関係だったことを認めた。

 ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』で知られるハンターは、現地時間2024年4月2日に公開された米GQのインタビューで、2019年の秋から約5か月間、ロザリアと交際していたことを明かした。ハンターによると、ロザリアとプラトニックな感情以上のものを共有していることに気づくのに何度かハングアウトする必要があったが、現在はただの良い友人だという。

 「かつて恋愛関係にあった人たちとは、本当に美しい友情で結ばれています」とハンターは同誌に語り、ロザリアについて「彼女は何があっても家族です」と述べた。

 ハンターはまた、このインタビューで2度の【グラミー賞】受賞者であるロザリアとの過去について明らかにすることを彼女が承諾したと述べた。「私たちには、もうこのことを(公にして)スッキリしたいと思っている部分もあるけれど、“他人には関係ない!”と思っている部分もある……私は共有できて嬉しいし、彼女も同じだと思う」とハンターは続けた。米ビルボードはロザリアの代理人にコメントを求めている。

 ハンターとの交際から数年後、ロザリアは同じラテン音楽のスーパースター、ラウ・アレハンドロと婚約したが、2023年7月に破局した。最近、彼女はドラマ『一流シェフのファミリーレストラン』のジェレミー・アレン・ホワイトと噂になっている。

 一方、ハンターは、ドラマ『ユーフォリア/EUPHORIA』シーズン2の共演者でシンガーソングライターのドミニク・ファイクとの破局からまだ立ち直っていないという。「(ドミニク)とは本当に美しい関係だったし、そういう意味で私の心を開いてくれた」と、2022年に破局と復縁を繰り返したドミニクについて語った。

 彼女はまた、同じく『ユーフォリア/EUPHORIA』の共演者だったアンガス・クラウドの死についても触れた。彼は偶発的な過剰摂取により、25歳でこの世を去った。「あれほど仲が良くて、同年代の友達が亡くなったのは初めてでした」と話すと、「本当に信じられないし、意味がわからない。そう、新しい(感覚)です。新しい喪失感です」と説明した。

 「人々は本当にアンガスを愛していました」と彼女は付け加えると、「彼は“ユーフォリア”の鼓動の一つでした。いつも少しこの世に良すぎて、ちょっと純粋すぎる人たちに(起こる)。彼は天使のようで、太陽のような存在でした」と続けた。