ミシェル・カミロ&トマティート、8年ぶりとなる新作ALリリース

 ミシェル・カミロ&トマティートの、8年振りとなるデュオ新作『スペイン・フォーエヴァー・アゲイン』が、5月1日(海外盤、配信は4月26日)にリリースされることがわかった。

 1997年にジャズ・フェスティバルで共演後意気投合しデュオとしての活動をスタート、これまでに3枚の共演アルバムをリリースしてきた。本作は、この2人による『スペイン』(2000)、『スペイン・アゲイン』(2006)、『スペイン・フォーエヴァー』(2016)に続くデュオ・アルバムの第4弾。フォルクローレ、マンボ、フラメンコから、パット・メセニー、マイルス・デイヴィスのナンバーまで、様々な国とジャンルを股にかけた選曲。そして、アルバムのクライマックスともいえるロドリーゴの名曲「アランフエス協奏曲」は、ジム・ホールが採り上げた名盤でも知られるこの曲の全楽章をデュオで演奏しているという。そして、本作からの先行シングルとして、「マンボ・インフルエンシアード」と「アルフォンシーナと海」の配信がスタート。

 本作についてミシェル・カミロは「ステージの上でも外でも、トマティートと会うといまだに笑っているよ。僕たちは長い時間をかけて、懸命にプレイしてきた。そこに足りないものはないはずだよ。経験は即興では得られないものだからね」と語っている。また、トマティートも「こんなにも素晴らしい作品になって、怖いくらいだよ。一緒にいて楽しいと感じられる相手でなければ、このような音楽は作れないね」とコメントしている。


◎リリース情報
アルバム『スペイン・フォーエヴァー・アゲイン』
2024/5/1 RELEASE
<SHM-CD>UCCM-1275 2,860円(tax in.)