メイン画像

今朝(26日)は、低気圧や前線の影響で九州から東北南部にかけて広い範囲で雨が降り、紀伊半島などで活発な雨雲がかかり、1時間に25ミリ以上の土砂降りの雨となった所があります。この後も東海や関東などで雨や風が強まりそうです。

和歌山県で1時間に25ミリ以上

今朝(26日)は急発達している低気圧や前線の影響で、九州から東北南部にかけての広い範囲で雨が降っています。近畿や関東の沿岸部や海上を中心に活発な雨雲がかかり、和歌山県那智勝浦町の色川で午前8時21分までの1時間に26.0ミリ、和歌山県新宮市で8時27分までの1時間に25.5ミリの強い雨が降りました。雷雲が発生している所もあります。

また、岡山県瀬戸内市や滋賀県甲賀市信楽では6時間に50ミリ近くの雨が降り、観測開始以来、3月としては最も多くなっています。

非常に激しい雨の降る所も

画像B

この後も近畿や東海を中心に昼過ぎにかけて雨雲や雷雲が発達し、太平洋側の沿岸部では1時間に30ミリ以上の激しい雨や1時間に50ミリ以上の非常に激しい雨の降る所がありそうです。次第に関東や東北でも雨脚が強まるでしょう。風も強まって、横殴りの雨となる所もありそうです。