メイン画像

明日26日にかけて、九州は前線や低気圧の通過でぐずついた天気でしょう。26日未明から朝は雷を伴い局地的に激しい雨が降る見込みです。昨日25日は季節外れの大雨となり、地盤が緩んでいる所がありますので土砂災害に警戒して下さい。

26日にかけて再び大雨も

画像A

今日25日は前線が九州南部付近にのびています。今夜は東シナ海の前線上に低気圧が発生し、前線が活動を強めながら九州付近を北上する見込みです。九州は雲に覆われて雨が降ったり止んだりで、夕方以降は九州の広い範囲で雨が降り、雷を伴い雨脚が強まる所があるでしょう。
明日26日は低気圧が発達しながら九州付近を通過するため、午前中は雨で、未明から朝は雷を伴い局地的に激しい雨が降る見込みです。明日26日にかけての総雨量は、九州の多い所で150ミリと再び大雨になるでしょう。昨日24日は長崎県雲仙岳207.0ミリ、本県五木村228.0ミリとわずか1日で平年3月1か月分を超えるなど、季節外れの大雨となり、地盤が緩んでいる所があります。再び雨が強まりますので、土砂災害に警戒して下さい。低い土地の浸水や河川の増水にもご注意下さい。

また、明日26日は発達する低気圧の影響で、九州付近は風が強まり、海上は高波が続くでしょう。強風・高波に注意が必要です。明日午後は冷たい北風となり、気温も下がってきますので服装にも気をつけましょう。

28日(木)頃もまとまった雨

画像B

27日(水)は移動性高気圧に覆われ晴れて、日中は日差しの暖かさが戻るでしょう。28日(木)は早くも次の前線の通過で、まとまった雨が降る見込みです。29日(金)は初め雨ですが、日中は天気が回復するでしょう。週末は大体晴れる見込みです。

今週は「春に3日の晴れなし」の言葉通り、晴天が長続きせず曇りや雨の日が多くなりそうです。