メイン画像

いよいよ桜シーズン。九州や四国、関東などでは、すでに桜が咲き始めているスポットがあります。来週末の30日(土)と31日(日)は全国的に晴れて、ポカポカ陽気の中、お花見を楽しめそうです。

桜が咲き始めた所は?

このところ暖かくなったり寒の戻りがあったりと気温の変動が大きくなっていますが、日差しは日に日に明るさを増しています。3月後半に入り、桜の開花を待ち望んでいる方も多いことでしょう。

一番上の画像は、全国約1000地点のお花見スポットの開花状況です。薄いピンクは「つぼみ」、それより濃いピンクは「咲き始め」~「7分咲き」を示しています。
今日22日(金)現在、九州や四国、関東などでちらほらと濃いピンクの表示が見られ、すでに桜が咲き始めているスポットがあります。

主に早咲きの桜が咲いている所が多いですが、福岡県の日向神ダムや広島県の亀居公園、和歌山県の和歌の浦など、九州から近畿ではソメイヨシノが咲き始めた所があります。

桜の見頃はいつ? 満開予想日

画像B

気象庁で観測している桜(主にソメイヨシノ)も、まもなく続々と開花の発表がありそうです。
19日(火)に日本気象協会が発表した桜の開花予想(第5回)によると、今週末からは九州から関東で開花ラッシュとなるでしょう。20日(水)に開花予想だった高知は、21日(木)現在で4輪ほど開花しており、今日22日(金)にも開花発表となる見通しです。名古屋や広島、福岡も開花目前で、東京都心は24日(日)に開花となるでしょう。

一般的に、桜は咲き始めてから1週間程度で満開を迎えます。ただし、寒冷な地方ほど開花から満開までの期間は短く、東北北部では開花から満開までは4から5日程度と短くなります。

来週末には九州から関東周辺で満開を迎える所が多いでしょう。北陸や東北も早い所では来週末に開花して、あっという間に満開に近づきそうです。

気になる天気 お花見日和はいつ

画像C

今週末はあいにくの雨となる所が多いですが、関東は24日(日)に晴れ間がありますので、お出かけついでに咲き始めた桜を探してみるのもよさそうです。

来週末は広く晴れて、日中はポカポカ陽気となるでしょう。夜間の冷え込みもそれほど強くありません。絶好のお花見日和で、青空をバックに桜を楽しむのも、夜桜を楽しむのもよさそうです。

ただ、まだ少し先の予想ですので、最新の天気予報をご確認ください。