オリヴィア・ロドリゴ、『ガッツ』DX版から「obsessed」のMVを予告

 現地時間2024年3月20日、オリヴィア・ロドリゴが2ndスタジオ・アルバム『ガッツ』のデラックス・バージョンに収録される、ファン人気の高い楽曲「obsessed」のミュージック・ビデオを予告した。

 この映像で、ロドリゴは美人コンテストのたすきをかけた“彼の元カノ”の女性たちで溢れるパーティー会場にいる。中には、“Miss Thought She Was the One(ミス・自分が運命の人だと勘違いしていた彼女)”、“Miss Also Thought She Was the One(ミス・同じく自分が運命の人だと勘違いしていた彼女)”、“Miss 2 Summers Ago(ミス・2年前の夏の彼女)”というたすきをした女性などがおり、ロドリゴ自身は“Miss Right Now(ミス・今カノ)”と書かれたたすきをかけている。

 嫉妬に燃える楽曲の歌詞と完璧にマッチした内容になるようで、MVのフル・バージョンは、米国東部時間3月22日午前0時に『ガッツ』のデラックス・バージョンと同時に解禁される。

 現地時間3月19日の夜、ロドリゴは米シカゴのユナイテッド・センターで行った2公演の初日公演で、「“ガッツ”デラックス、金曜日リリース」と書かれたサインボードを掲げ、デラックス・バージョン『Guts (Spilled)』のリリースを発表し、観客を驚かせた。『ガッツ』のデラックス版には、2023年にオリジナル・アルバムをリリースした後にレコーディングされた新曲「so american」、『ガッツ』の様々なアナログ盤に収録された“シークレット曲”の「obsessed」、「scared of my guitar」、「stranger」、「girl i’ve always been」の計5曲が追加収録される。