【ビルボード】Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」総合ポイント2万超えで総合首位V8、藤井風「満ちてゆく」総合8位に初登場

 2024年3月20日公開(集計期間:2024年3月11日~3月17日)」のBillboard JAPAN 総合ソング・チャート“JAPAN Hot 100”で、Creepy Nuts「Bling-Bang-Bang-Born」が総合首位を獲得した。

 本楽曲は当週で星野源「恋」の連続首位記録を抜き、Official髭男dism「Subtitle」と並ぶ8週目の連続首位獲得となった。なお、現在の連続首位記録は、YOASOBI「アイドル」の21週連続がトップとなっている。

 各指標では、ダウンロードが21,307DLで前週から約4.4%落ちつつも1位、ストリーミングは約17%増の24,945,758再生で1位。動画再生では12,089,850再生を記録し、2位以下に6.4倍以上の大差をつけて1位となった。カラオケでも2位→1位と上昇し4指標で首位を獲得している。総合ポイントは23,453ポイントで、2位以下に約3.3倍という大きな差をつけている。3月20日にはフィジカルもリリースされ、3月22日からは全国ツアーもスタートするCreepy Nutsだが、この勢いがどこまで続くのかまだまだ目が離せない。

 2位についたAKB48の63枚目のシングル「カラコンウインク」は、3月13日にリリースされた柏木由紀の卒業シングルだ。初週463,564枚を売り上げてCDセールス首位を獲得し、これが牽引して総合2位に。17年間グループを最前線で支えてきた柏木由紀の華々しいラストシングルとなった。

 前週2位のNumber_i「GOAT」は、当週総合5位に。フィジカルを19,459枚売り上げて累計セールス50万枚を突破し、CDセールス2位に。ダウンロードが3,926DLで11位、ストリーミングが3,109,214再生で36位。動画再生は1,151,338再生で8位で、ラジオでは前週に続いて1位となり、フィジカルリリースから2週目となるが、トップ10圏内をキープしている。

 3月15日リリースの藤井風「満ちてゆく」は8位スタートとなっている。3月22日公開の映画『四月になれば彼女は』の主題歌で、3月16日に放送された番組『tiny desk concerts JAPAN』(NHK総合)でも同曲が披露された。初週はダウンロードが11,394DLで3位、ストリーミングは4,067,422再生で20位、動画再生は1,208,331再生で7位、ラジオ12位となった。


◎【JAPAN HOT 100】トップ10
1位[1]「Bling-Bang-Bang-Born」Creepy Nuts(-・21,307DL・24,945,758再生)
2位[-]「カラコンウインク」AKB48(463,564枚・-・-)
3位[4]「晩餐歌」tuki.(-・2,143DL・9,474,639再生)
4位[5]「幾億光年」Omoinotake(457枚・4,842DL・10,155,584再生)
5位[2]「GOAT」Number_i(19,459枚・3,926DL・3,109,214再生)
6位[8]「アイドル」YOASOBI(-・1,754DL・7,555,296再生)
7位[9]「タイムパラドックス」Vaundy(-・2,385DL・6,973,989再生)
8位[-]「満ちてゆく」藤井風(-・11,394DL・4,067,422再生)
9位[11]「ケセラセラ」Mrs.GREEN APPLE(-・1,583DL・6,707,417再生)
10位[12]「晴る」ヨルシカ(-・5,835DL・5,584,203再生)

※[]内は前週順位
※()内はシングル枚数・ダウンロード数・ストリーミング数(各50位圏内のみ)