メイン画像

今日16日(土)は全国的に晴れて、気温上昇。スギ花粉が大量飛散。3月下旬になると、ヒノキ花粉の飛散がピークを迎える所が多くなりそう。帰宅時・家の中でも万全の対策を。

今日16日 花粉が飛びやすい条件

今日16日(土)は全国的に晴れて、気温が上がるでしょう。最高気温は、九州から関東で20℃前後の所が多くなりそうです。また、午前5時現在、九州から関東や東北太平洋側の広い範囲に「乾燥注意報」が発表されています。

花粉が飛びやすい条件です。マスクやメガネを使うなど、万全の対策をしてください。

花粉シーズン続く

画像B

明日17日(日)は昼頃から日本海側を中心に雨や雪が降るため、九州などは花粉の飛散は抑えられそうです。ただ、東海や関東、東北の太平洋側は春本番の陽気が続き、花粉が大量に飛ぶでしょう。

18日(月)以降は、この時期としては気温が低く、冬のような寒さの日もありそうです。それでも、東海や関東は連日のように花粉が大量に飛散するでしょう。九州から近畿は「やや多い」「多い」などランクダウンする日があるものの、ヒノキ花粉の飛散が増えてきそうです。

ヒノキ花粉のピークは、3月下旬から4月上旬の所が多いでしょう。仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。

帰宅後の花粉対策 室内の花粉を減らすために

画像C

花粉症の症状を緩和させるには、できるだけ花粉を避けることが大切です。そのためには、室内に入る花粉を減らすよう、以下のことを心がけましょう。

① 花粉飛散シーズンに窓を全開にして換気すると、大量の花粉が室内に流入します。花粉のピーク時に1時間の換気をしたところ、3LDKのマンション一戸で、およそ1000万個もの花粉が屋内に流入したとの実験結果があります。窓を開ける幅を10センチ程度にして、レースのカーテンをすることで、部屋の中に入ってくる花粉の数を、全開にした時と比べておよそ4分の1に減らすことができるという実験結果もあります。窓を開ける幅は少しでも構いませんので、換気しながら花粉を防ぎましょう。

② 床やカーテンなどには、花粉が多数付着している可能性があります。濡れた雑巾やモップなどを使って、こまめに拭き掃除をしましょう。カーテンは、定期的に洗濯をするのがおすすめです。

③ 花粉が大量に飛ぶと予想される日には、なるべく洗濯物や布団を外に干すのは避けるか、外に干した場合は、花粉をしっかり払い落してから、取り込みましょう。