メイン画像

今日15日もスギ花粉は九州から東北にかけて広く飛散するでしょう。九州ではヒノキ花粉の飛散も増えそうです。16日(土)は広く花粉が大量飛散に。万全な対策が必要です。

今日15日 九州~東北でスギ花粉が飛散 九州はヒノキも

今日15日は、九州から関東、北陸は晴れて、スギ花粉が多く飛ぶ所が多いでしょう。九州ではヒノキ花粉の飛散も増えそうです。東北は所々で雨が降りますが、雨の止み間に花粉が飛散するでしょう。油断せずに対策をなさってください。

名古屋や東京で連日「非常に多い」予想

画像B

16日(土)は広く晴れて、高知から仙台は「非常に多い」飛散となるでしょう。万全な対策をお願いします。福岡はスギ花粉のピークは越えつつありますが、ヒノキ花粉も飛んでいますので、まだ対策をした方が良いでしょう。

17日(日)は雨が降る福岡から大阪は花粉の飛散が抑えられそうです。名古屋や東京、仙台は「非常に多い」飛散となるでしょう。

18日(月)以降は福岡から大阪、仙台で「多い」や「やや多い」、名古屋や東京で「非常に多い」飛散となりそうです。

ピークいつまで?

画像C

福岡ではスギ花粉の飛散のピークは過ぎていますが、そろそろヒノキ花粉がピークに入ります。
高松から金沢もスギ花粉のピークは終盤ですが、3月下旬になるとヒノキ花粉のピークを迎える所が多くなるでしょう。

東京や仙台は3月下旬までスギ花粉のピークが続き、東京ではヒノキ花粉も3月下旬からピークとなりそうです。万全な対策をなさってください。

なお、仙台はヒノキ花粉の飛散量は少なく、はっきりしたピークは現れない見込みです。