テイラー・スウィフト、映画『THE ERAS TOUR (Taylor's Version)』から「Maroon」のティーザー公開

 テイラー・スウィフトが、約束通り映画『THE ERAS TOUR (Taylor's Version)』のディズニープラス配信版に収録される4曲のアコースティック・サプライズ・ソングのティーザーを1曲ずつ公開している。

 現地時間2024年3月11日に、1曲目として米情報番組『グッド・モーニング・アメリカ』で初解禁されたのは、「Maroon」の25秒間のクリップだった。映像には、34歳のスウィフトが巨大なライブ・プロダクションのBステージで、花柄にペイントされたピアノの前に座る姿が映っている。彼女がアルバム『ミッドナイツ』のトラック2曲の早口なリリックを熱唱すると、米LAのSoFiスタジアムに集まった何万人ものファンもシングアロングしている。彼女のマゼンタ色のドレスは、スタジアムの照明の下で輝いている。

 SoFiスタジアムでの6公演で撮影された【The Eras Tour】のコンサート映画は、昨年10月にAMCシアターで全米初上映された。その後、12月にオンデマンドでレンタルできるようになり、3月14日からディズニープラスで独占配信される。ディズニープラス版には、未公開だった「Cardigan」に加え、「Maroon」を含む4曲のアコースティック・ソングが追加収録される。

 以前公開されたストリーミング版の予告編で、スウィフトは「Maroon」を“お気に入り”のひとつと呼んでいた。スウィフトの10枚目のスタジオ・アルバムに収録されているこのバラードは、2022年10月に米ビルボード・ソング・チャート“Hot 100”で3位にデビューした。『ミッドナイツ』からトップ10入りした10曲のうちの1曲で、この時スウィフトは同チャートのトップ10を独占した初のアーティストとなった。

 【グラミー賞】を14回受賞しているスウィフトは、映画『THE ERAS TOUR (Taylor's Version)』のディズニープラス版に収録されるサプライズ・ソングのタイトルを『グッド・モーニング・アメリカ』で発表し続ける予定だ。彼女は先日、シンガポールのナショナル・スタジアムでの6公演を終え、5月に仏パリでワールド・ツアーを再開する予定だ。