2月に発売された新刊『転んで起きて ――毒親 夫婦 お金 仕事 夢 の答え』(徳間書店)では、ゆかさんといわゆる“毒親”との関係性が、赤裸々につづられている。
 現在進行形で親子関係に悩む人にも伝えたい、ゆかさん流の人生サバイブ術とは? 

【写真】「2ちゃんねる」を作ったからではない…妻が見た、ひろゆきがお金持ちになれた本当の理由「これほどお金を使わない人に会ったことがない」

*  *  *

論破されていた子ども時代

――親子関係が原因でついてしまった、よくない“考え方の癖”はありますか?

ゆか(以下はゆ):一番は、「思ったことをそのまま言わない」癖ですね。子どもの頃から、思ったことを親や親族に伝えても、その思いが通ったためしがあまりなくて。

 6~7歳の頃から、母親と親族間での金銭トラブルに巻き込まれていたのですが、子どもの私の思いはシンプルに、「みんな仲良くしてほしい」「お互いの悪口を言わないで欲しい」ということでした。

 当時は大人たちの事情もそこまでわからなかったので、単純に悲しくて。

 でも、その気持ちをそのまま伝えると、「何もわかってないから、お前はそう思うんだ」と、結果的に論破されてしまう。なので、自分の思いをそのまま口にすると損することの方が多い、と感じるようになりました。

 そして、大人になっても、「こういう言い方をすると、やりとりが円滑になるな」とか、「相手が喜ぶだろうな」ということを先に考えて、物言いをするようになってしまっていました。

 でも、二十代でひろゆきくんと出会って、その癖がけっこう改善されたと思っています。

『転んで起きて ーー毒親 夫婦 お金 仕事 夢 の答え』>>詳しくはこちら
次のページ
向き合う努力ができる人